桐谷健太さんを応援する、日々妄想ブログ

俳優の桐谷健太さんが好きだー! ということで映画・ドラマの他、テレビ出演時の感想等、日々妄想しながら健ちゃんを好き勝手に語るブログです。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 絶対零度~特殊犯罪潜入捜査
CATEGORY ≫ 絶対零度~特殊犯罪潜入捜査

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査』DVD感想☆

お久しぶりです

ぼけーとして気がつけば前回更新からはや10日!!!
間があいてしまいました

今週のストロベリーナイト第2話、ガンテツ登場の回だったから楽しみにしてたのに、
ブルーレイ起動してみたら録れてなかった・・・大ショック (lll-ω-)ズーン

めっちゃ楽しみしてたのにぃぃぃーーーー!私のバカーーーーっっ!

・・・大塚は出てないと思いますが、存在が感じるようなシーンとかありました?
見られた方、また教えてください・・・・o0020002010613583916.gif


さてっ!

18日は『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査』の
DVD-BOX発売日でしたねっっっっ!!!


もうね、17日からアマゾンの配送状況確認しまくり(笑)

夕方ぐらいに「出荷準備中→発送済み」に変わって、
よっしゃー!18日に瀧河届くー!つって
どんだけ楽しみにしてんねんー!て感じなんですがwww

だって“瀧河”だものーーっっ!!!!w03.gif

やっぱり思い入れがあるんですよ!
さすが健ちゃん、超絶二枚目もできるっっ!!!
それを証明してくれたドラマだったんで(笑)

出番も多かったしなぁ
もう毎回カッコいいカッコいいしか言ってなかった気がするもん!(*ノ▽ノ)イヤン

とにかく、瀧河は私の中で別格というか!
大好きな人だったので


とゆーことでっ!以下『特典映像』語りしたいと思いますが・・・!
かなりのネタバレ・感想です!

これから家に届くの~っ、と言う方は十分にお気をつけくださいませ

もう見られた方、大丈夫っ参考にする!っという方は
続きよりどうぞ~!




スポンサーサイト

『絶対零度』 第10話・最終話 「事件はまだ決して終わっていない」

【追加番組情報】

こんぴーさんから情報いただきました!!
朝一番、ありがとうございましたー!!

本日9月24日19:00~ フジテレビ
『人気番組名場面すべて見せます!!第16回がんばった大賞』


ゲストではないですが、『絶対零度』のNGや番宣で出た番組などで
健ちゃんが映る・・・かもしれませんので一応要チェックですっ!!(笑)



こんばんわ~

『絶対零度』最終回の視聴率が16.3%!!
良かったですねぇ・・・!!


平均して視聴率も良いとなれば続編の可能性ありじゃないですか!?

木幡はすぐ出てくるだろうし、
「これが始まり・・・」なんてセリフもあったし
年下イケメン刑事を指導する新米上司の奮闘記も交えながら
さらなる成長を見せる泉、とか!?


あんまり興味ないな ←こらこら


続編あろーがなかろーが瀧河いなけりゃどっちも一緒だよ!!!ウリャァァァァァ(ノ`Д)ノ:・'∵:.┻┻

いや、待てよ!

続編があれば、瀧河出てくる可能性がないわけじゃないもんな!?
行き詰まった捜査、にっちもさっちも行かなくなった時に室長が泉に言うの!

「あいつを呼び戻そう、歩くトカゲを」

なんつって、後ろからのカメラで黒スーツの足部分だけ、
歩く姿が超スローモーションで映るの!

ぎゃーーーーーーーっ!!!!ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

どうどう!? そーいうゲスト扱いならありじゃないですか!?

特にその登場シーンは、映画『ライフ』レベルの高感度カメラか
高精細ハイビジョンカメラ・レッドワンで撮っていただいても結構よ!

まあ出てきたら、出てきたで
隠居生活でゆるゆるのパーマになってたら
もうなんだか涙なんだけどね



・・・さっ、むなしい妄想はやめよう
あ、HR通信では、オールクランクアップした健ちゃんの写真が出ていましたね♪

心なしか痩せたような気がして、ちょっと心配だったんですが・・
いいともでは絶好調だったので安心しました(笑)

いやー、タモリさんや中居くんからいぢられまくってて可愛かったですねぇ!

タモさんたら、そんなに健ちゃんのヌード見たかったの?

あれ?違った?
あんだけ健ちゃんの乳首に興味あるんだからそうなのかと思ったんだけど(笑)

皆から愛され健ちゃんがとっても可愛かったので、
これもまた早急に起こししたいと思いますっ!!

最終回の撮影もギリギリだったんですね~、
おつかれさまでした

瀧河とお別れするのは寂しいですが、
彼にとっての最後の事件、ほろよい梅酒ソーダ飲みながら
しっかり見届けさせていただきましたっ!!

それでは遅ればせながら、当然のごとく瀧河メインで
『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~』第10話&最終話感想
まとめていっときま~す!



※以下ネタバレご注意っ!


えーと、第10話の見所は2つでしたね。一つ目は桜木と畑山の駆け引き。

川島という男を調べること、所持品の手帳を読み込むことを泉に指示し、
その上で質問していく、という畑山。
ヒントを与え、木幡を捕まえるための協力者となりながらも、似顔絵は別人、
カフェに現れた木幡に気付いても伝えない。

そんな畑山も、本名で呼ばれた時だけは一瞬、顔が固まりましたね。
「警察をなめないでください」という泉の、頼もしいこと!!

「本名を誰かに呼ばれたのは18年振り・・」それでもどこか嬉しそうな畑山に
「木幡を捕まえたら、あなたの罪を追求します」と告げる泉。

年齢を推定し看護学校の卒業アルバムからその素性を調べ上げたとか・・・
手帳を読み込むことや調べものは泉の得意分野だもんね
もちろん泉一人の力ではないとは思いますが・・・

また、この二人のやりとりをじっと聞いている瀧河の表情がいーのよっ!!

てか、白シャツ姿で本を片手に頬杖をつく瀧河が、
バリカッコ良かった・・・っっ!!


いやー、もう誰かにナンパされないか、
心配で心配でしょーがなかったですっっ!! ←よけいなお世話


そしてもう一つの見所、瀧河の告白。

木幡と誘拐犯の同時捕捉を狙い、捜査班・分析班が勢揃いしたとき
「みなさん、ちょっと宜しいですか」と瀧河。

もう、この時点で、あ、自分で言うんだ・・・と思って
どっきーんっでしたよ!!!

「俺は、目の病気を抱えています。症状は視野狭窄。
思いのほか進行して視界が狭くなり、このままだと失明の可能性もあると医者に言われました」

しん、とする対策室の面々。

「特殊班の捜査員はあらゆるものに目を配り、全てを記憶しなければいけない。
それが出来ない以上、辞めるしかない」

辞職を告げる瀧河に、動揺する泉・・・

「この事件が最後です。全力を尽くします。
でももしもの時、どうか、フォローをお願いします」


そういって頭を下げますが、皆の顔も見ず言葉も待たずに
その場を離れたのは瀧河らしかったな。

追いかけてきた泉に気づいて、振り返った時の瀧河の表情も良かった。。。
すべてを受け入れた男の顔でしたね・・・
その中に、泉に対して少しの謝罪が込められていたような。

ショックを隠しきれず、泣いて下を向いてしまった泉をじっと見つめながら
「俺が見逃したことは、お前の目で救い上げてくれ」という瀧河。

「俺はお前が見たものを信じる」

ようやく顔をあげて、その信頼の言葉に「はい」と答える泉。

いいな・・・この二人の距離感。
恋愛が絡んでないからいいんだよなー

瀧河が再び前を向く寸前に、目線を落とす所も好きです。


そして翌朝の対策室。
「普段通りに・・・」というみんなの気遣いがかえって微妙な空気を生んでいるよう・・・

また磯村さんがね、正直者っちゅうか、隠し事ができないというか
めっちゃ目とか動作がキョドって妙な動きになってて可愛い(笑)

察した瀧河、

「磯村さん、また女性にふられたんですか」
「違うよ!


言いながらもいつもと変わらない瀧河に、とっても嬉しそうな磯村さん

あーもうっ!なんて可愛い人なのっっ!
瀧河が弄りたくなるの分かるわ


瀧河からの告白には磯村さんも動揺して
「お前が捜査の足を引っ張ったことなんて一度も」なんて言ってましたけど・・・
瀧河を「お前」と呼べて、信頼しているような口ぶりから
二人は潜入捜査班としてのつきあいも長いんでしょうね。

なんか・・・瀧河はいつ、自分の病気のことを伝えようと思ったんだろうな・・・。

9話で、泉から「その嘘は捜査の妨げになります」と、
「瀧河さんならきっとそう言うと思います」と言われましたね。

そして長嶋室長からは「限界が来たときは桜木の目を使え」と。

「・・・室長にはかないませんね」そういって少し微笑った瀧河ですが・・・
この時に皆に伝える覚悟を決めたのかもしれないなあと思ったり

わずかなミスが命取りになるという今回の事件。
より慎重さが求められ、チームワークが必要になってくる。

白石さんも「こんな時だからこそ、瀧河の病気を知っていて良かった」と。

竹林が容疑者とされた時、「誰しも裏の顔がある」と誤解を招くような言い方をして
白石さんから「お前は付き合いが短いからわかんねぇんだ!」と胸倉を掴まれましたね。

また特命捜査対策室の頃からのメンバーにすれば、
殉職した塚本の件も絡んでいて特別な思い入れもあるはず。。。

チームといっても、少し違う位置にいた瀧河ですが。

病気を告白し、フォローを願い、この事件を最後に現場を去ると伝えたことで、
これで皆の気持ちがひとつに結束したんでしょうね


いつもの休憩コーナーにいる泉に
瀧河が飲んでいたという発芽玄米ジュースを差し入れする室長。

三ヶ月前、病気を少しでも改善させようと努力していた
瀧河の行動が見えて・・・涙

「刑事を辞めるという瀧河を、俺が止めた。
歩くトカゲとしての瀧河の能力は、警視庁でも突出している。
辞めるなら後継者を育ててからにしてほしいと頼んだ。
瀧河はそれを了承して、カメの指導役を努めてきた」

「私は瀧河さんのようにはなれません。
でも歩みを止めなければ近づくことは出来る。そう信じて前に進みます」

「瀧河さんにとって最後の事件、私も全力で望みます」

そう言って決意を新たにし、最終話を迎えるわけですが・・・

いやー、面白かった!!!!

畑山&木幡・泉&木幡の駆け引き、
畑山を撃ち、捕まってもこれまた罪の意識が全くない川島、
リジンガスプラントに絡むテロ犯罪と大臣誘拐事件も絡んで展開もスピーディーに
要素を詰め込むだけ詰め込んで、はー、手に汗握った(笑)

それでも最後は刑事ドラマらしい木幡の追跡&逮捕劇で
とっても楽しめました!!

特に前回よりも木幡のキャラが際立ってましたね!
ユースケさんでほんと大正解!

街の監視カメラに向かって顔を隠したり、マスクを取って「あっついあつい!」と言って
子供に「はいっ」と渡したり(うっかり微笑ましくなったわw)
追い詰められていても「こりゃ明日筋肉痛になるなぁ」なんて
あくまで飄々としていて不気味感満載!(笑)

室長の強い眼力とドスを効かせた声で「絶対に許さない」と言っても
「おぉ・・・楽しみですねぇ・・・!!」とふてぶてしくも楽しそうな言い方っ!!!!

情報社会で成り立つ限り、木幡はまた犯罪を誘発する可能性がある・・・
捜査班と木幡との終わりのない攻防、その後も見てみたい気がします


さて、そんな中での瀧河の存在なんですけども。
ラスト3話くらいから感じてたんですが、瀧河の存在が薄い・・・とか思ってて

それは別に瀧河が陣内になって
出張しているせいでもなくて。
(←)

そりゃそうか、泉が成長したら教育係は終わり・・・

泉が捜査方法の提案を次々と出してくるのを「俺もそれがいいと思います」的な
賛成支持するための、高峰さんの立場と同じレベルになっていてもしょーがないか、と。

なんかこう・・・泉が見たものを瀧河に伝え、長年培ってきた経験から瀧河が判断し指示し
もっと二人で協力しあうようなコンビ的なものを期待してしまってた・・・

そうなんだよね! 泉が主役なんだよね!!

忘れてたけどっ!!
あんまりにもカッコいいもんだから、うっかり瀧河を主役として見ちゃってました(笑)


まあいいや。
そして木幡が指示したパルテノンスクエアに集まる直前、「桜木、後は頼んだ」と伝える瀧河。

「俺が辞めた後のことだ。お前が特殊班を引っ張っていけ」
「私にはそんな・・・」


泉が言うのも待たずに、張り込む先へ向かう瀧河。

もーこの時点でヤバイヤバイヤバイて感じでしたよね!!!

瀧河、身の危険フラグ立ってるよーーー!なんて思ってたら
泉を助けて!?刺されたぁぁぁぁぁーーーっ!!!!

イヤ━━Σ(ll゚艸゚(ll゚艸゚ll)゚艸゚ll)━━ッッ!!!


瀧河、死んじゃやだーーーーーっっっ!

いや、塚本の件があるから死なないのはわかってるけどっっ!

泉がトラウマを克服するためには、また同じ場面に遭遇しなきゃいけないから
瀧河にはラストで撃たれるか、何かあるだろとは想像していましたけども・・・!!

実際に見るとやっぱり衝撃・・・っ!

刺されたあと、ぐっと苦痛に堪え、前屈みになりながらも木幡を目で追い
「早く追え!」と泉を見上げる瀧河!!

はうん・・・・っ

よろよろと腹を押さえながらベンチに向かい、
座って目を瞑り、荒い呼吸を繰り返す瀧河の横顔・・・

はうん・・・美しい・・・・・っ!! 

そして泉は瀧河に変わって、テキパキと捜査班を動かし
木幡逮捕への包囲網を敷いていきますが・・・!

ちょっと、ありえないわーーーーーっっ!!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

ホントに未解決事件の時のバナナとたぬきうどんが好きな泉ちゃんなの!?
しかも瀧河の下についてから三ヶ月だよ!?

まあドラマだからいいけどさっ!☆(←)

そんなことより、
松葉杖の瀧河が激可愛いくて萌っ!!!

いや、最初はそのシーンいらないかもと思いましたが(笑)
見直してみたら、あれが歩くトカゲさんの最後の姿だもんなー

いや、いいよ、松葉杖でも・・・・・可愛いから・・・


で、瀧河の退職後、お見舞いに瀧河家を訪れた泉。
公園で歩きながら「妻は大騒ぎだったよ」と、フツーに妻帯者であることを視聴者に告白(笑)

いえ、どさん子さんから教えていただき、知ってはおりましたけども
「俺、今から帰る」コールで存在を匂わすトコロもちょこちょこありましたけども!
さらりと言ったなーと思ってww

ところで瀧河さん、ハーフパンツじゃないのね(笑)
うーん残念っ!☆とか思ってたら、

げげっ!このゆるゆるパーマ男は誰ですか!!( Д) ゜゜

陣内ですか!?もう次のキャラになってらっしゃる!?
健ちゃん、髪型で顔変わるのにぃーーーっ!!変えなくていいのにぃーーー!

・・・・可愛いけどさー
いや、とんでもなく可愛いんだけどさーーーーーっ

「もう本当に、現場に未練ないんですか」と問いかける泉ちゃんに
「微塵もないよ」と穏やかな口調で答える瀧河。

まー、現場にいられないからお辞めになられたんですけどね

ベンチに座り、泉の顔を見上げる瀧河、「どうした、顔に何かついてるか」

「瀧河さんの顔を見て、本音かどうか見極めていたんです。
なかなか本音を見せない人なんで」

「お前、性格悪くなったんじゃないのか(笑)」

いや、もうこの際「あなたのおかげで」とか言ってやれ!と思いましたが

「瀧河さんに似たのかもしれません

・・・泉ちゃんもさらっと言うようになったなあ

「本音を言うと、たまに懐かしくなる・・・最高のチームだったからな」

やっぱり辞めた後は、二人の間に流れる空気が緩やかで穏やかでいいなあ・・・
なんて思ってたけどその後が悪い!

「まだ時間あるだろ」とか言って瀧河、
二時間も野菜について語るなんて、寂しがりかっ!


どんだけ泉と喋りたいねんっっ!!!!

同僚送りにいって二時間戻ってこなかったら、ヨメ心配すると思うよ!(笑)

大体さ、瀧河は仕事については細かいけど、
そんな空気の読めない男じゃないよ!


あれ?そうでもない?(笑)
しかも紙袋から野菜を取り出した時には、瀧河手作りかと思って驚愕!!

引退したと思ったら、家庭菜園やっとんのかと焦ったわ!
いや、農作業する姿もお似合いかもしんないけどっ!!!

磯村さんと二人でしてても可愛いかもしんないけどっ!!(←何故)

しかも引越ししたばかりのはずなのに、隣家とはすでに仲良しのようで
さすが、外面のいい瀧河さんですっ!! (笑)

やはり奥さんがステキな人なんでしょうね・・・なんとなく一戸建てっぽいなぁ・・・
三歳ぐらいの子供がいてもいいなあ・・・・

瀧河、幸せになってね・・・っっ

本音を言えばね、最後まで刑事として、「歩くトカゲ」として
「桜木、行くぞ」って言って泉や捜査班を引っ張っている瀧河をずっと見ていたかったし、

話が終わったとしても、犯罪が起こるのを防ぐために、誰かを守るために
瀧河率いる特殊捜査班チームがどこかで潜入捜査をしているような、
そんな感じで終わってほしかったけど・・・

病気によって、瀧河の人間らしい苦悩も見られたし、より人としての深みも出たと思うし、
やっぱり見てて楽しかったなと思いました!!

特にこのドラマはね、瀧河をカッコよく演出&撮ってくれたので
監督さんやカメラマンさんにもお礼を言いたい!!!!

男前な健ちゃんをたくさん見ることが出来て幸せな3ヶ月だったなあ・・・!

健ちゃんもお疲れ様でした~!
いっぱいいっぱい楽しませてくれて本当にありがとう!!

そして最後まで読んでくださった皆様、ありがとうございましたーーーっっ!
たくさんのコメントや拍手も頂き、励みになりましたっ!嬉しかったです!


さて、お次は陣内ですねっ!!
次のドラマまで、楽しみに待ちたいと思いますっ!!

それでわ、またっ☆



kaeru_thank.gif ☆桐谷健太さんの秋の学園祭情報☆はこちら!→



「愛子の会いたいYOU」で貴重映像公開!!

こんばんわ~

木曜日は『それでも、生きてゆく』の最終回でしたね

もう毎回ウルウルして緊張して目が離せなかったけど
「それでも、生きてゆく」というタイトルにふさわしい、良いラストだったと思います。

「いつも、あなたを思っています」

「私が誰かをつないだ手のその先で、誰かがあなたの手をつなぎますように」

「つないだ手に込めた思いが届きますように」

互いに届くことの無い手紙を綴り、木に括りつけて。
それでも同じ想いで、それぞれの一歩を踏み出していく二人がとても良かった。

やっぱり脚本が大事だよなあ・・・
女性の演出家さんたちの回が特に素晴らしかったような気がする!
俳優さんたちも皆凄かったし、もう一度最初から最後まで一気見したい気持ち

視聴率はいまいち芳しくなかったようですが
私的には、今期No.1の秀逸ドラマでした


あ、あと脚本の素晴らしさでいうと、また別の意味で
『勇者ヨシヒコと魔王の城』も最高傑作ですけどね!

福田雄一さんの書く本はなんであんな面白いかなー(笑)

またゲストが毎回凄くて!先々週なんか、綾野剛がケンタウロスになってましたよ!
ヤーマダとぐるぐるぐるぐるまわってたよ!!!
他に岡田義徳が牛の乳男になってましたよ!
先週は小栗旬がアホな門番役やってましたよ!

どんだけ豪華やねん!!

ぜひ、映画化を望む!(笑)


さてさて、そんなことは置いといて(←)

あ、彩ちゃんのサプライズBD、めざましでやるかと思って録画したけどハズしたぁ~・・・
やってくんなかった・・・orz

かわりに見つけました☆
『絶対零度』で共演中の澤純子さんのブログにちょこっとエピソードが
健ちゃんの写真もアリ

http://sawa-junko.seesaa.net/


それでは、9月13日放送の『めざましテレビ』、
『愛子のあいたいYOU』コーナーに
桐谷健太さんが出演されましたので
軽く起こしをしたいと思います♪


いやー、ものっすごい貴重映像が出てきましたねっっっ(≧∇≦*)☆
千葉好きな方なら、きっと分かってくださると思うんですが・・・!

ずっと見てみたかった映像だったので、本当に本当に嬉しかったです


収録中の『絶対零度』の楽屋にて

なんと杉本さん、小林さん、北川さん、了くん、丸山さん、山口さん、彩ちゃん、中原さんと
主要メンバー8人が勢揃いしてます!

桐谷健太さんの印象を聞かれ、「面白い人ですよね」と杉本さん
横で健ちゃんが何か言いたそうに口ぱくぱくさせてます

皆、うんうんうんと同意しがら「最高におもしろい」、女優陣「おもしろーい」
丸山さん「最高におもしろいですよね」

言いながらもちょいテンション低め(?)な皆様・・・o0020002010613583916.gif

「トーンが基本低いから!

ツッコむ健ちゃんにどっと笑いが起きていますが(笑)
そりゃーチーム男子たちのノリとは違うよな~、さすがに

しかも中原さんから「うるせぇ男だなと思って・・・(笑)」って
ウソウソなんて言ってましたけど、なんか本音っぽい(笑)

いや、いいんだ!健ちゃんはそれで!!

ついでに「繊細ですね」「案外繊細なんだよね」と言われ
「これキツいわ、なんかこれ・・・」と、また大照れな健ちゃん、
「繊細って言われるのイヤなんでしょ」と彩ちゃんからつっこまれてます

完全に見透かされている31歳(笑)

ここで取材スタッフさんが「そろそろ・・・」と告げたらしく

桐谷「もう終わりですか!? これ、取れ高ないでしょ!?

使えるとこないでしょ!と焦る健ちゃんですが(←もっと自分のことを喋ってほしい人)
取材スタッフさん「だいたい分かりました」だって(笑)


そして映画『ROOKIES』の平塚、『BECK』千葉の映像が出てきました~!

ナレーションでは『ROOKIES』で一躍脚光を浴びた役者の一人、として紹介されています。

〈熱くて男臭くて、でも気のいい役を演じることが多く、そのため本人の性格も役柄と同じイメージを持ってる人も多いはず。そんな熱い男が一転・・・〉

ということで、お寺でお経を唱えてる映像がっ!

すげっっ!

でも、ごめん、ちょっと笑っちゃった(笑)
ギャップが激しすぎるのよね、健ちゃんは


- 役者として必要なこととは?

「常になんかこう、生々しく生きたいっていうか、そうしたら役も生々しくなってくるんじゃないかと思って。自分の行動に嘘ついたり、自分がやってることに嘘つきだすと、自分がやっているその役もしょうない嘘つきだすと思うんですよね。だから普段、本気でガッてゆってへんのに、やっぱ芝居で言えるかっていうと、俺はちょっと違うと思ってて」

インタビュー中、千葉の映像がずーっと流れています

初登場時の竜介から鼻に指を突っ込まれて白目になってるシーン、
ライブハウスでのラップシーン、
いじめっこたちにお仕置き中☆ケンカのシーン・・・・

ああああああやっぱり千葉は可愛いーーーっっhana-ani01_20110910012413.gif

もー見てるだけで、キュンキュンするもんっっ!!!
やっぱり千葉が一番好きだ・・・・

そしてっ!ここで千葉の歌声をアフレコにするかもしれないと知った健ちゃんが
談判のために監督や原作者のハロルドさんに送ったビデオレターの映像がでましたっ!!

「もっと絶対ラッパーになりますんで、
俺の声でいきたいです!ほんとに!
ぜっっっったいにいいもの出しますんで、お願いします、
俺の声でいかせてください!」


頭にバンダナ巻いて、Tシャツのラフな姿ですが、
カメラを正面に据えて熱く熱く訴えてます。

あかん、こーいうの見ると泣けてくる・・・っっ

こーやって、健ちゃんは千葉の声も、掴んでいったんだなあ・・・・

そしてあの爆発するようなパワーを持った、
健ちゃんの言葉で言う、生々しいまでの千葉恒美が出来上がったんだなあ・・・

「その役をやる以上、やっぱり自分の声でやらないと意味がないと思ったし
じゃないと千葉という役を全うできないと思ったんですよね。
役をちゃんと生きられないぐらいだったら、おれがやらないほうがいいなと思った」


このビデオレターがどういう状況で撮られたかは
2010年8月発売の『クイック・ジャパン91
桐谷健太8,000字インタビューの中で語られていますので、ご紹介します。

- 千葉と一体化できた理由のひとつが、自分の声でやったラップじゃないですか? 
オファーが来たときは、吹き替えの予定だったとか。

桐谷「『うそーーーーーーん!』いう感じでした。「あかんあかんあかん!絶対あかん!ちょ、監督にビデオレター送るから!ちょ、待って待って待って、はいカメラ用意して!準備できた?言うで言うで言うで・・・(冷静に)桐谷健太です』みたいな?」

- せわしない!(笑)

桐谷「『僕のラップを聴いてー回テストしてください』というメッセージをビデオに録って、『これ、監督に今日中に渡してや!』みたいな」

結果、ラップバトルシーンのリリックも書くことになる健ちゃん。
もし吹き替えだったら・・・

桐谷「降りてました。生意気ですけど、それは役者として然るべき行為かなと思います。
自分のためじゃなくて、作品のためにそうします」


凄い人だなぁ・・・

もし、まだ『BECK』の千葉を見られてない方がおられましたら
ぜひレンタルでも見てください☆ オススメです


↓ 『めざまし』に戻ります ↓

瀧河の役は “いままでにないクールで出来る男”、というナレーション、

いやいやいやいや、しつこいぐらい言いますけど
『黄金の豚』の金田鉄男も、クールで出来る男ですからね!!ikari01.gif

てっちゃんも好きなので忘れないでほしい・・・

「瀧河という人物はすごく頭の良い役なので、プライベートも脳みそに良いことをやりたいなと思って、般若心経を唱えたり。脳みそにいいと聞いたので、脳みそにいいことはいっぱいやったれ!と思って」

ということで、皆藤アナと世田谷区にあるお寺に向かいます。

読経の前に座禅を組み心を鎮めますが、最初は余裕の様子だった健ちゃん。
しかし開始から30分して、警策で肩を打たれてしまいました

「それまでは結構、もう普通にスーっと入れてたんですけど、
あんときに、最近そういえば寝てへんなー、目を開けたまま寝てもうたらどうなんねやろー・・
ぐらいでバチーン!来たから・・・」と驚きつつも、初体験にめっちゃ嬉しそう

でも「目を開けたまま寝てもうたらどうなんねやろー」って
その前に目を開けたままなんて寝られないと思いますが
ほんま、オモロイ人です(笑)

ちなみに座禅をしていて集中が途切れてくると、
自分ではそのつもりがなくても身体が動いてしまうんだそうです

いよいよ読経ですが、経本を持たずにいる健ちゃんにびっくりの皆藤アナ。

「頭の中にありますから。
だから嬉しいです、今日は。一緒に読めることが」


言葉通り、目を瞑って暗記した般若心経を唱えてます

すごいっ!!

「もともと何かに集中するっていうことがすごく好きで、今っていう瞬間を生きている感じが。
その時は気づいてないんですよ、『今、生きてるわ』なんて思わない。
過ぎてから思うっていうか、その感覚が好きなんですよね」

集中して腹式呼吸になるため、汗だくになってます

「ありがとうございます、気持ちよかったです」言いながら、相変わらず目力強い健ちゃんでしたー


再び『絶対零度』の現場へ

杉本「この間、室長と二人での芝居の時に、ちょうど前室に入ったら桐谷くんがここで、
初めて見ましたけど、ipodして、あれは集中してたでしょ」
桐谷「そうです、すごい大事なシーンだったので」

瀧河が長嶋室長に「この事件を最後にさせてください」というシーンですね。
こんな風に共演者から、エピソードを聞けるのは嬉しいなあ

そして、役者としてまだ見ぬ境地がある、ということで・・・
「20代前半から役者やってますけど、恋愛もんはぜんぜん無いんですよね」

んん?『オカンの嫁入り』は恋愛ものに入らないのでしょうか(笑)

それでは男性としての魅力を、と山口さんと彩ちゃんに聞いてみると・・・

山口「プライベートの恋愛を覗いてみたいっていうのはあります」
上戸「あるある~♪」
桐谷「なるほどねー」
上戸「守ってくれそうな感じ」
桐谷「ほらきたこれ

しかも「友達にもし“桐谷くんのことが好きなんだけど”って相談されたらすごくオススメします」
という山口さんからの嬉しい言葉に、「うわっ!」と大感激な健ちゃん

でも速攻「私はタイプじゃないんですけど」と言われ
「ちょっ!なんでやねんっ!!」と玉砕の健ちゃんでしたー

再び、皆藤アナとのインタビュー

「(ラブストーリーは)やりたいです!(でも話が来ないので)色気がないんですかね・・・」と反対に質問しますが、「え~・・・・」と言いながらも反応が微妙な皆藤アナ(笑)

「なんか、そういう(恋愛の)イメージできないってことじゃないですか?」
自ら回答を出す健ちゃんに、「はぁ~(うんうん)」と、納得した風な皆藤アナ(笑)

や、そこは社交辞令でも否定しとこうよ愛子!!!

ちょい拗ねたような健ちゃん、
「こんなに、セクシーに頑張ってるのに・・・」

自分で言うな

うそうそ、健ちゃんはいつもセクシーだよホクロとか

まあ、言いながらも半笑いだったんで、ボケたんでしょうけど、
皆藤アナは突っ込めてないだろうなー(笑)

中居くんなら「コラッ!と、いいタイミングで来てくれると思いますがw

恋愛ものに関しては、次の秋ドラできてますからねっ!
大丈夫でしょう!!rose03.gif

ということで、意外な一面が見られましたね~、とスタジオでも好評だった、
『愛子の会いたいYOU』出演でしたー

ここまで読んでくださってありがとうございました!o0020002010613583940.gif




kaeru08.gif ☆桐谷健太さんの☆秋の学園祭速報☆はこちら!→





『絶対零度』 第9話 「最後の事件」

昨日は、中秋の名月でしたね

窓から心地よい夜風が入ってきていました。みなさんの地域ではいかがだったでしょうか

健ちゃんも、テラスで満月見てたかなあ~



そして!『ほこ×たて』にゲスト出演してましたね~!

完全に忘れてたよ、私・・・

ちょうどスマスマ見終わった後、いきなり健ちゃんが映ったからびっくりした(笑)
『ほこ×たて』はもともとが面白い番組なので、特に健ちゃんが喋らなくても全然OKなんだけど

番組の最後に「明日からでも見られます!」なんて番宣してらっしゃいましたが
でももう、ラスト2回だしなあ~(笑)

まもなく瀧河さんともお別れなので寂しいですね
月日がたつのは早いなあ・・・


どさん子さんから情報いただきました!
いつもありがとうございます~♪

9月13日「ほろよい」から新たに<梅酒ソーダ>が登場~!

TVCMとWEB限定の新CMが4本公開されていますのでチェック!


ひゃあ~!Tシャツ姿の健ちゃん、すてきすてき~っっっ!

リラ~ックスした、おウチ健ちゃんな雰囲気がいいですよね

また髪型がめっちゃ可愛いの・・・
なんだろう、なにか漫画のキャラクターに似ているような・・・って考えてたら

ゴマちゃんの少年アシベを思い出しました

違う?(笑)なんか前髪が重たそうなとことか(笑)

『秋』編で、ソファでくつろいでる健ちゃんの横には白いゴマちゃんがいると思う!
てかゴマちゃん抱えて、ほろよい飲んでたらめっちゃ可愛いなーーーーっ!!

あと『好き』編の「会いたい・・・」がまたイイ声で~っ

今日の『絶対零度』は、ほろよい梅酒ソーダを飲みながら
見られるように頑張って帰ろ~っと


それから・・・先週金曜日の朝日新聞。
ドラマ記者レビューに『絶対零度』が取上げられていました

『醍醐味は、視聴者の「のぞき見願望」を満たしてくれるところ』とか書いてあって
え~・・・?とか思った。のぞき見、て(笑)そうなのかなあ・・?

『ドキドキ感を盛り上げる音楽が非常に効果的で、
カット割りを多用した演出も洗練されている』には大いに納得!


そうっ!! いつもドキドキしてますよ瀧河にはっっ!!
※そんなことは書いてない

ただ『気になるのは脚本の難解さで(中略)壮大でいて理解が行き届く陰謀でありますように』なんてことも書いてました(笑)

でも、この少々難解なのがこのドラマの特徴というか、面白いところかなあとも思うし・・・
あんまりわかりやすいのもね、難しいところですね


さて、それでは遅くなってしまいましたが

今回もさらっと、当然のごとく瀧河メインで(笑)
『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~』第9話、感想いっときま~す!




※以下ネタバレご注意っ!



前回からの続き。

畑山から銃を突きつけられ、ゆっくりと振り返る泉。
その後方で対峙する二人を見つけた瀧河、
はっと躊躇して、足が止まるのはいいんだけど・・・・

畑山が川島という男を見て逃げ出した後も、
動かないのは何ゆえ!?


銃を向け振り返りながら逃げる畑山、ここでやっと動き出し、
呆然とする泉に「気をつけろ、通行人にも被害が及ぶ!」と声を掛け、追いかける瀧河!

やややや、ちょっと一歩遅くないですか!!!

こーいうとき、どう対応するか身についてんじゃないの!?
大丈夫か!?と一瞬心配になりましたが・・・!

全力走り姿が、ばりくそカッコ良かったので許す。 ←何様

息を切らしながら畑山の特長を伝えようとする泉に「焦るな、正確に伝えろ」と瀧河。
「はい!」と一呼吸して、詳細を伝える泉。

ちゃーんと覚えてるーーっ!えらいーーー!!

泉の弱点のひとつに、記憶の曖昧さがありましたが、
スパルタ教育の成果が出て来ましたね~

また瀧河の口調が最初の頃と全然違って、泉を落ち着かせるような言い方だったのが良かったなあ♪


そして泉ちゃん、とうとう瀧河の病気に気づきました。
そりゃあんだけ近くにいたら気づくよな・・・

長嶋室長に「気になることがあります」と伝えますが、はぐらかされます。

その頃、給湯室の洗面台にもたれながら一人、一点を見つめ
奥歯を噛み締めるような表情の瀧河・・・

畑山の姿を捉えることが出来ず出遅れたこと、
仲間を危険な目にあわせたこと、
結局、畑山を見失ったこと・・・

「取り逃がして悔しいのはお前だけじゃない」

長嶋室長が泉に対して放った言葉ですが、
瀧河には “悔しい” だけじゃない、色んな感情が渦巻いているんじゃないかな。。。(ノ_・、)


柴崎の事務所に潜入する瀧河&桜木コンビ、

「5年前、大臣の選挙活動のお手伝いをしていたというのはどうでしょう」
泉の提案に「・・・悪くないな」と瀧河

いいコンビになりましたね

額縁にカメラを設置しようとして手を伸ばした瞬間に
痛みが走ったかのように、目をぎゅっと瞑る瀧河。

目に痛みがあるのでしょうか・・・?
正常眼圧緑内障を調べても、特に痛みはなさそうなんですが・・・
上を見上げた時だから、光に弱いってことなのかなあ?

「体調でも悪いんですか?」
泉に気遣われますが答えず「さっきは助かった」とだけ言い、先をいく瀧河。

しかし休憩室で腰掛けながら、ミスをした状況を思い返し、拳で己の額を叩いています。

ぎゅっと強く握り締めた拳が震えてるとことか
考えを振り払うかのように頭を振るところとか

深沢から「掴み所が無く、感情が読めない」なんて言われていた人でしたが
瀧河もここにきて、こういう苦悩の表情を見せるようになりましたね。。。

なんかもー、上からぎゅってしてあげたくなる・・・(ノ_<。)

てか健ちゃんて、こーいう苦悩の顔が凄くイイよねっっ

ここでいつものように「なにかあったのか」と、タイミングよく登場する長嶋室長。
顔を上げ、ゆっくりと立ち上がる瀧河。

「思いのほか、進行が早まっているようです。視野が狭くなって自由が利かなくなるときがあります」
あくまで淡々と伝える瀧河。一拍置いて・・

「限界が近いかもしれません」

瀧河の方へ目をやる長嶋室長。

特殊班の精鋭であり「歩くトカゲ」と呼ばれ、能力もプライドも高い瀧河が
俺はもうダメだ、と思う瞬間がきっとある。
以前コメントでその顔が見てみたいなー、なんて書いてしまったんですけど
でも、実際見ると辛いわぁ・・・・


監視モニターを見ながらの瀧河と泉の会話も良かったです。

潜入時にインターンシップ募集のポスターのことを覚えていた泉に
「よく覚えてたな・・・」と、つぶやくように言う瀧河。

「誰かさんに耳にタコが出来るくらい、何十回かわからないぐらい言われましたから。
記憶にメモしろって」

瀧河「・・・嫌味か」
桜木「バレました?」

フッと微笑む瀧河。←男前

「畑山をどうしても捕まえたい、逃したくない、刑事として」
泉の言葉に「俺も同じだ」と応える瀧河。


(急激な)成長を見せる泉に対して、少しずつ認めるような発言をしていた瀧河ですが。
パートナーとして同じ思いであることを確認した二人。

しかし同時に、成長した泉にはもう誤魔化かせないほど現れだした瀧河の症状。

「捜査中、今までの瀧河さんなら見過ごさないようなことが何度かありました。
それに気づくことが出来たのは、今まで瀧河さんが教えてきてくれたからです。
・・・私の洞察力は、的外れですか?」

「・・・お前に心配されるようなことは何もない」否定し、その場を立ち去ろうとする瀧河に
「その嘘は捜査の妨げになります!」

言うようになったなあ桜木っっ!!
でも正解です!!

桜木「これ以上は詮索しません。本当に辛い時は、言ってください」

以前、バレたら瀧河は口止めしそう~なんて書きましたが
そうじゃなくて、泉はもっともっと想像以上に、成長していたんですね~っ

泉だって、パートナーに本当のことを言ってもらえないのは辛いだろうと思う・・・


もう限界なこと、このままだと捜査に支障が出ること、
「俺を捜査からはずしてください」と室長に申し出る瀧河。

しかし「お前の目に限界がきたら、桜木の目を使え」と
事件の解決を指示する室長。


ちょーーっとなー、室長も甘いんだよなー(笑)
でも瀧河はずしたら、めっさ怒るけどさ!!! (`^´o)=3

ということで!
瀧河にとっては『最後の事件』となるその黒幕は、
ユースケ・サンタマリアさんだったんですね~!!!

後から出てくるのかよっっ!!
とツッコミたいのはやまやまですが、そのへんはスルーして(笑)

「キライなんです、トマト」とか、警視庁のデータベースに “Match” とでて「近藤雅・・」と
ぷっと笑いながら苦いコーヒーに顔をしかめたり。。。

たしかにユースケさんは胡散臭い!ので楽しみだわー!

あと、分析班・竹林と木幡の攻防にもドキドキしましたよっ!

なんかおかしい?と感じた竹林が「変えてみますわ~」と無線のチャンネル変えても、
木幡がちゃちゃっとパソコンいじれば、すぐ傍受されちゃってるし!!

竹林って特殊班が行き詰まったりした時とか、いいタイミングで証拠見つけたりして(笑)
救世主的なところがあるじゃないですか!

「きたぁーーー!!」って、いきなりテンション上がってモニターを指差す師匠を見ると、
見てる方も、うっきゃーってなってましたもん!!

師匠は頼りになる男ですから!! 

あんな胡散臭い奴に負けてほしくないので(笑)こちらの対決にも注目したいです!

あとは警察の内通者が誰かってことですよね。特殊班内にいるのか、また別のところか・・・
こっちは「えーーーっ!?」みたいな驚きを期待したいです


さあラスト2回、あーもう今日だ・・・!!
今晩、ほろよい梅酒ソーダ飲みながら見るぞ~っ!

それでは、ここまでお読みいただき、ありがとうございました~っ!!





kaeru_thank03.gif ☆健ちゃん最新お仕事情報☆をチェック!→







『絶対零度』 第8話 「現場がすべて」

水曜は『グータン』予告を見逃さないように~と自分で書いておきながら
見事に忘れるというボケをかましてしまいましたが

公式サイトの動画配信のおかげで確認できました

「桐谷健太、参戦」

と、また大きく出てましたね~(笑)
恋愛に関してもガンガン押しなとことか、また熱く語ってらっしゃいましたけど

こちらは来週の楽しみということで♪

それではいつものように、瀧河メインで
『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~』第8話、感想いっときま~す!



※以下ネタバレご注意っ!


朝の対策室。

倉田さんの人さし指でキーボードを打つ姿がとっても可愛いです!
しかも結構な早さなのがウケる(笑)

「初期値ゼロからで苦労したんですよー」なんて言いながらも嬉しそうな師匠。
この笑顔がね、これから起こる事件を考えると・・・

そして相変わらずクールな瀧河、表情一つ変えず
「マイナスから始めるよりまだいい」と隣のお嬢にチクっと皮肉

桜木「・・・まさか私のことじゃないですよね」
瀧河「まさか自分のことじゃないと思っているのか」

おぉ~っ!
いつの間にか、いい漫才コンビになって~っ!!


って、漫才コンビじゃなかったっけ?(笑)いやいや、イイ感じですよ♪

瀧河はもちろん本気で言ってると思いますが
泉もブーたれながら、ちゃんと目を見て返せるようになってるし♪

以前は聞こえないように、ボソッと言ったりしてたもんね~


そしてそんな和やかな朝の風景は、深沢ら捜査一課によって一変。
師匠、連続猟奇殺人容疑でとっつかまってしまいました。。。

取調室で深沢から尋問を受け「もろ犯人を見る目じゃないっすか~っ!」と半泣きの竹林。

うーん、可愛い。(←)

また取り調べで判明した師匠の女性遍歴がスゴい

半年前はロシア人の彼女、4ヶ月前はフランス人、2ヶ月前はマレーシア人とな!
どうやら2ヶ月しかもたないようです(笑)


さて竹林が移送される報道を見て、重苦しい空気の対策室。

白石「なんかの間違いだ!」
磯村「でも証拠は竹林が犯人だって示してるんですよ・・・」

戸惑いを隠せない磯村の言葉に「犯人じゃねえよ!」と激昂する白石さん。

「落ち着いてください!」そう言いながら
殺害の動機がなんなのか、冷静に事件を把握しようとする泉。

そして「竹林という人物を俺達は100パーセント理解しているわけじゃない。誰しも裏の顔がある」と、
こちらもあくまで冷静な瀧河。

「瀧河ぁお前な、仕事の付き合いがみじけぇからそんなことが言えるんだ!」

うっ、これは言われたくないかも・・・

気持ちを抑えられない白石さん・・・
年長者さんですが、一番の熱血キャラですね

胸倉を掴まれて揺さぶられても目線を外さず
「冷静になる必要があります!俺だって信じたくない」
この時の瀧河、カッコ良かったな~


みんな竹林を信じる気持ちは一緒ですから!!


捜査を進めるうちに、竹林や被害者らが巨大ショッピングサイトの会員であり、
2ヶ月前竹林を尾行ていたのも、その会社の社員であることを突き止めた特殊班。

瀧河と泉は深沢のもとへ向かいますが
「動きようがない、現実にはアリバイもない、物的証拠も揃っている」と
あくまで捜査一課側の立場で答える深沢。

「竹林さんを救いたいわけじゃないんです!からくりがあるとしたら、また同じ犯罪が起こります!」
そう言って食い下がる泉を、じっと見つめる瀧河。。。

『ミスればまた同じ犯罪が起こる』

最初の事件のときに、瀧河が泉に言った言葉ですね。
ちゃーんと泉の中で活きてるんだなあ・・・

深沢「犯人ではない可能性を探る捜査はできない、ただ・・・」
瀧河「裏班の俺たちなら動ける」


二人の顔を見て深沢、「逮捕のリミットは4日後だ。若手政治家とタレントの結婚発表がある。
そのタイミングで公表し、警察職員が猟奇犯だったというダメージを少しでも避ける」

へー、なるほど(笑)

テレビがひとつの芸能ニュースに大きく時間を割いているときは、
政治やらなにやらが動いている可能性があるんですね!!

「組織としては当然の判断だと思いますよ」
そう言う瀧河に、微妙な顔をする深沢。

深沢だって竹林を信じてるし、信じたいだろうけど
自分の立場では自由に動けず、特殊班に任せるしかない、そんな歯がゆい気持ちを抑えながら
なおかつ警察全体のダメージを避けることも考えなければいけない・・・

そんな深沢の苛つく気持ちを見透かしたような瀧河の言葉に
『やっぱりこいつ苦手!』と思ったのか・・・

なんかなー、この二人は過去事件で関わりがあるのかと思ったんですけど、違うのかなぁ~。

4話の、誘拐された子供に駆け寄る瀧河の背中をじっと見てたりとかヘンでしたよね!?
ただ性格合わないとか苦手なだけー?

そんなん全然つまらん

番外編で、瀧河の過去話とかやんないかなー

さてさて、ショッピングサイト会社のカスタマーサービスセンターに
オペレーターとして潜入する瀧河&桜木コンビ。

黒ジャケットに白のVネックが、めっちゃカッコいいですっっ!

フロア内を歩いてる姿も様になってますね~

ツイでも盛り上がりましたが♪ 
瀧河がオペレーターとして電話に出てくれるんなら
当たるまでかけまくりますよね!!
 ←迷惑千万

だって瀧河、声いいし~!

受話器越しから色んな言葉を聞いてみたいですよね!

↑ そして録音、そして着ボイス!


さて、電話を受けるブースに座ってすぐサーバー内の個人情報を調べる瀧河。

瀧河「磯村さん、先日雨宮桃子のグラビア写真集を購入しましたね」←真顔
磯村「どうしてそれを!(驚愕)」
瀧河「やはりここである程度の個人情報を確認することができます
磯村「俺で確認するな~

やっぱりこの2人オモロイ(笑)

てか磯村さん、アイドルの写真集とかDVD買い過ぎです
どんだけ雨宮桃子が好きなんだ!大体、雨宮桃子って誰ですか!巨乳っぽいけど(笑)

そして社員から詳しい情報を聞き出すため、
隣でオペレーションする女性に目をつけたハンター瀧河

「すみません、ちょっとお聞きしたいことがあるんですけど」
言いながら熱い視線を送ってます!



「・・・・・・・・・・・・。」

「・・・・・・・・・・・・。」


・・・・ながっ!(笑)

恥ずかしそうに下を向く女性社員さん!(あたりまえっっ!)

って、見てる方もポッとなったがなーーーー!!

いやいやいや、瀧河、色仕掛けですか!?
自分がイケメンだと分かった上で仕掛けてますよ!?


ちょっと後ろから
延髄蹴り食らわせたくなったんだけど


そして手も早く、皆で仲良くランチっ♪

顔を見ながら「ドキッとしたことがあります」なんて言ったり
「どうやって管理してるんですかね、誰もわかんないですよね~」と甘えてみたり!

こやつワザ持ってますよ!!! 女心を利用してーーー!!!

受難の相がでてます、なんて占い師に言われていた泉ですが、
実は瀧河に女難の相がでてたりしませんかね?(笑)


ま、犯人を捕まえるためですからね、しょうがないっすけどね!
荒木主任から情報を聞き出しそうと超ドストレートに質問して拒否られていた泉に比べて
さすが瀧河、手際がよろし

関係ないけど、女性と話している最中、
健ちゃんの目線が女性からズレているような気がするんですけど、気のせい?
瀧河の病気とかじゃなくて、撮り方というか光の加減かな?

桜木の発案により、"CTクレームテロ"として機械で被害者の声紋に似させ
主任の荒木と森下にクレーム電話を入れ続ける白石さんと磯村さん。

「犯人逮捕のために、こんな嫌なことすんの初めてですよ」なんて言いながらも
結構楽しそうなお二人(笑)

白石さんの「買い物にもいけないじゃないのこんにゃろー!」とか
↑ こんにゃろってw かわいい

磯村さんのヒートアップしたしゃべり口もおかしくておかしくて(笑)
「社員なんだ驚きの新事実!」とか「早く本が読みたいの!読みたい!読みたい!」
「あーの本っ!あーの本っ!ちょっとあんた引いてンじゃないわよ!」とかもう最高!
 
毎回コスプレやらイジリで楽しませてくれますが、今回も笑わせてもらったわ~
事件も展開も暗めなので、ちょいちょいこーいうのを挟んでくれると和みますね

やがて動き出した荒木、クレーマーに扮した猪さんが働く映画館に行って声を確認し
にやっと帽子の下で笑うシーンにぞぞぞっ・・・

夜の帰り道、荒木につけられながら猪さんが「こわいよー」って呟やく気持ちも分かるし
見てる方もドキドキ

今回はほんとテンポがいいというのか、ついていくのが大変なぐらいで(笑)
みんな物凄い早口だし

プロファイリングする高峰さん、潜入捜査と自らの足で情報を稼ぐ瀧河らや白石さんらコンビ、
防犯カメラ映像の入れ替わりを突き止めた大森さん、クレーマーに扮して標的になる猪さん、
犯人を突き止め追いかけるまで一丸となってて面白かったなあ


そして・・・合間の一服スペースで、室長と瀧河の会話。

長嶋「現場に出るだけが仕事じゃない。俺はお前に警察に残ってほしいと思ってる」
瀧河「俺にとっては現場がすべてです。残された時間、約束どおり桜木を育て上げます」

あくまで現場にこだわる瀧河。

でもラスト、畑山の後ろ姿を見つけた泉に「追い掛けないんですか 」と言われ
戸惑ったような瀧河の顔・・・
そして一歩遅れて畑山を視界に捉え、先に走り出した泉に続く瀧河。

この時、左右の画面が暗くコツコツとヒールの足音だけが聞こえていて
初見ではよくわからなかったシーンだったんですが、2回目見直してやっと分った・・・
これ、瀧河の目からみた世界だったんですね。

左右ほとんど見えてないんだ・・・

現場にこだわり、その目と足で様々な事件を経験し、解決し、
積み重ねてきたものは、これからもっともっと多くの事件に活かしていけるはずなのに
それが病気によって絶たれるなんて・・・すごい悲しい・・・

予告で「俺にとっての最後の事件にしたい」という瀧河。
しかし室長は「お前の目に限界が来たときは、桜木の目を使え」


目になってー! 泉頼むー!! 瀧河を守ってー!!
そう願わずにいられん・・・。・゚・(*ノД`*)・゚・。

終わったあと予告も衝撃的だったなあ・・・と思って、もう一度録画したのを見たら、
うちのブルーレイちゃん、予告の前に終了ー!!

えー!なんでなんで!?と思ったら、メモリがゼロでした

いやーん・・・
ということで未解決事件の映像データは、全削除させてもらいました・・・
ディスクに落とす作業しなきゃヤバイわ・・・


今週のテレビ雑誌に、企画の方の話で「黒幕に大物ゲスト」なんて書いてたんですが、
彩ちゃんは「台本読んでないけど、黒幕はあの人だと思う」て書いてて混乱(笑)

誰だろねーわくわく

ということで、今週も面白かった♪絶対零度でしたー!
ありがとうございました~


(9月4日追記)

ちーむさんより、8話のエキストラレポが届きました!

撮影の様子や、健ちゃん、ちーむさんの可愛いエピソードいっぱいなので
コメント欄にご注目ください!

ちーむさん、ありがとうございました~!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。