桐谷健太さんを応援する、日々妄想ブログ

俳優の桐谷健太さんが好きだー! ということで映画・ドラマの他、テレビ出演時の感想等、日々妄想しながら健ちゃんを好き勝手に語るブログです。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 「BECK」千葉語りTOPBECK ≫ 「BECK」千葉語り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「BECK」千葉語り

「BECK」は原作未読で前知識もほぼなく、健ちゃん出てるしな的感じで
そんなに期待せずに見に行ったわけですが・・・・

面白かった!!!
こんなにハマるとは思わなかったです

基本、千葉語りで可愛い!しか書いてませんが
「BECK」感想です。

↓ 以下ネタバレ注意! ↓

※少しだけ辛口な部分もあるかも? だめな方は読まないでくださいね。




登場シーンから千葉可愛かったですね!!

いきなり後ろから羽交い絞めーー!! 水嶋ヒロの顔が崩れてます!(笑)
でも鼻をふがふがやられて「やめてっ鼻の穴はやめてっ」
なんでオカマさんしゃべり?(笑)

竜介に女紹介するからと言われて「ムッチムチしたのを頼むぞ」と鼻膨らませて帰っていくトコとか
単純でまじ可愛い!
で、紹介されたのがちょっとムチっとした金髪男だもんな(笑)

ディスクのレーザー面で鼻毛がでてないか確認してるとことかめっちゃツボ!
やりそう!行動のすべてが可愛いよw

「俺と組みたきゃ、すげぇボーカル連れて来い」って言っててセッションした後、
フツーにメンバーとして稼動してたけど、平は千葉を認めたってことなんだよね。

映画の全編を通して平くんは千葉に優しいと思う!(健ちゃんも雑誌で言ってましたね)
最初の信頼が確固たるものとして揺るがないというか、千葉の声が好きなんだろうなと思った。

竜介にダメ出しくらって「俺だって一生懸命やってるよ!」って言って飛び出して
古巣のラップバトルやってる会場で大暴れしてるとこ、ちゃんと平くん見てる。
心配で追っかけてきたんだよね・・・
冷静とか言われてるけど意外に過保護くん(笑)

でも声はかけずに帰ったんだろうなあ・・・竜介も言ってたけど、これは自分で乗り越えるしかないもんね。

あとダイブリのシークレットライブでコユキと竜介がステージに立ってる時、
千葉、肩車されてるよね!?
3回見ても確認できなかったんだけど、もしかして肩車してるの平くん?
向井さんの身長182で、健ちゃん181ですよ?
高すぎだよ!怖いよっ!後ろの人見えねーよ(笑)

竜介、千葉、平のお兄ちゃん組のあほな会話も大好き!

竜「いちかななか、かけてみようと思うんだ」←天然ボケ
千「・・・はちだろ」←天然あほ
平「いや、バチだろ」←冷静ツッコミ


このやりとりも、役者3人で考えたって
顔つき合わせて真剣に話し合ってるのとか想像するとまた笑えますw

で、忘れてはならんのがコユキをいじめている同級生の助っ人に高橋努さんがっ!
相変わらず顔怖いです!

修理したギターをまた壊されそうになった時、「待てよ」と千葉とゆかいな仲間たち登場!!!
二人が対峙した時は超テンション上がったって!!!

だって牧瀬 VS 時生 ですよ!?

ゴリラ 対 白シャツ王子対決ですよ!!!(笑)

高橋努がゴリラなのはかわらんが、ラッパー千葉は時生のビジュアルと全然違うし!

で、ケリ一発でのしちゃうし!!!
手加減しろよ時生!じゃなくて千葉!!!!
めっちゃ笑ろた


いじめっ子数人をたたきのめし、
千葉ちゃん、右手を高らかに上げて「イヒッ」と決めポーズ!

ちちょ、ちょっと、千葉ってば激カワっっっっ!!

どこのガキんちょだっ!
そんな可愛かったら、変な女(←私)に連れてかれるよーーーっ!!!!

危険!危険!! マジ心配っっ!!!


・・・落ち着け
いやいや、大丈夫、健ちゃんは身長181cmの三十路男だった!  ホッ

そんなこたどうでもいいとして
千葉がほんまに凄かったのは歌とパフォーマンス!
コユキの「奇跡の歌声」に自分の居場所が無くなる不安を抱え、
それでも「自分は自分」と「今ここにあるじゃねえか」とステージに向かう千葉。

あとでこれは健ちゃんが考えたセリフだっていうのを知って、
改めて桐谷健太という役者はすごいなあと思いました

このステージ向かう時の千葉がもうめっちゃ好きっ!

人の波をかきわけ制止するスタッフをなぎ倒し、
ラリアットかます千葉!
思わず「行け千葉っ! 行ったれーーっっ!」と叫びそうでした

ステージへの上がり方も、スタッフを蹴っ飛ばしたあと、
手じゃなくて肩を使いながら立ち上がりますよね。

全然スマートじゃないけど、そのなりふり構わず感が、
傷ついて、悩んで、もがいて、やっとこの場所まできた千葉の気持ちが
そのまま表れているような気がしてて目が離せなかったです。

歌う前の千葉の咆哮は、
俺は俺で、他の何者でもないっていう魂の叫びのような気がして、
目うるうるでした

そして始まる「EVOLUTION」!

平くん脱いだぁぁーーーっっ!!(笑)
頭ふってるーっ!可愛い!

サクのドラム超かっこいい!コユキも竜介もブッチ切れてます!!

でもやっぱり最高なのは千葉!最強のフロントマン!
健ちゃんのハスキーな声と「EVOLUTION」の歌詞、楽曲がものすごく合っていて、
めちゃくちゃかっこ良かった!!!

千葉最高! BECK最高!!! みんな凄い!!!!


さあ、超テンション上がったところで、ラスト、コユキの「奇跡の歌声」披露~
と思ったら最後まで歌わなかったなり・・・(笑)

賛否両論あるみたいですね。
原作を読んでたらまた違う感想だとは思うのですが、
私的には千葉のヴォーカルが当て振りじゃない役者の生の声で良かっただけに、
この落差はハンパなく、ちょっとがっかりでした

でも面白い映画であることは間違いない!
3回見ても、まだ見たいと思うもん!
劇場で見てこそ価値ある作品だと思う。

千葉、最高でした
健ちゃん、ありがとう!!!

あー、もっかい見たい・・・・

関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年05月12日(Tue) 14:17












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。