桐谷健太さんを応援する、日々妄想ブログ

俳優の桐谷健太さんが好きだー! ということで映画・ドラマの他、テレビ出演時の感想等、日々妄想しながら健ちゃんを好き勝手に語るブログです。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 『激流』最終話感想☆「ガンバレ刑事さん♪」TOP激流〜私を憶えていますか? ≫ 『激流』最終話感想☆「ガンバレ刑事さん♪」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『激流』最終話感想☆「ガンバレ刑事さん♪」

こんばんわー


とーとー終わってしまいましたね。
『激流〜私を憶えていますか?』最終話「友への誓い」

いやー、すごいドラマだった・・・・・

第7話では賀来千香子さんの迫力に圧倒されましたが
最終話では田中美佐子さんに完全やられました(笑)
IMG_1883.gif

コワいですよね~、人って。ホントに。


「わたしたちは冬葉をもう、二度と忘れない」と、
毎年命日には集まろうと約束し、皆それぞれの道を歩いていきましたね

ハギコーも佐分利刑事とともにお仕事頑張ってる影像が映って
それはそれでよかったですが・・・

美弥が旅に出るというのは、どうなんですか(笑)

いやっ、旅に出るのは全然いいんですよ。
でも母親の見舞いには行ったのかなーとか、借金はどうしたのかなーとか
研二くんのこととかも、いろいろ気になりますよね〜(。-_-。)

映画の原作とか主題歌歌うんなら、お金は諸々美弥の元に入るだろうから、
それらすべてを実家に、ということで収まった感じなのかしら?

そうして、やるべきことはやって責任を果たし!
自身は裸一貫!音楽と小説の修行の旅に出たと!


そういうことなんですよね、たぶんね(笑)

そんな描写もセリフも一切なかったから
美弥の最後は「え!?(;゚Д゚)」て感じで、ちょっと残念だったわ〜。
別に、弟とは今すぐに和解せんでもいいとは思いますが。

冬葉メールを送っていたのは研二でしたね~

いい気になって勝手なことばかりして、という研二の言い分はわかるんです。
友人の心配するより、お袋の心配しろよ、っていうのも。

でも、父の商売が失敗したのは、美弥のせいなの?
家がめちゃくちゃになったのは、美弥だけのせいなの?


???て感じでした。

確かに過去の自分は有頂天になってダメだったと
彼女自身も言ってたし、分かってる。
それに決していろんなこと平気だったわけでもないはず・・・と思う。

美弥は運と才能だけじゃない、小説にしても歌にしても
身を削るような思いをして作品を生み出してるじゃないですか。
脆く繊細な部分を持ち合わせてる彼女が同時に傷つき失ったものもたくさんあることは
描かれてきたからこちらは分かるんだけど・・・

弟からすれば自由奔放に好き勝手にやってるようにしか見えなかった、
ってことなんですね・・・(´・ω・`)

姉貴のせいで家はめちゃくちゃなのに、その責任を取りもせずに知らん顔して!
溜まりに溜まった感情を爆発させる研二。

家族が、自分が、なんでこんなに大変な思いをしなければいけないんだって
そんな思いを強くしているときに、冬葉の母と再会してしまったんですね。

もちろん美弥も悪いと思うんです。
家族の問題は家族みんなで解決していかなきゃいけないとも思うし。

でもそうした事態に陥ったことを姉貴のせいにして憎むのは違いますよね。
決めたのは誰?止めなかったのは誰?


冬葉の母も同じ、共通したものの言い方、考え方がある。

「あなたたちさえ気づいてくれていたら、こんなことにならかったのに」
自らの不貞を棚に上げて、理不尽に圭子たちを責め立てましたね。

毛利先生もそう。
事実を隠し通し謝罪も本当の償いもせずに、自らの行いを棚に上げて
「冬葉さんのことを20年も!忘れていたくせに!」と圭子たちを責めた。

こうなったのは、誰のせい?
そういう事態に陥ったのは、誰か一人のせい?


・・・違いますよね。
責任の所在は、常に自分にある。と私は思う。

このドラマには、いるべきはずの“大人”がいないんですよね。
(もしかしてそれが裏テーマ?笑 ガッツーンと言ってくれる人間がいない)

自らの過ちに目を背け、誰かに責任を転嫁することによって自我を保っている
“大人”とはいえない人たち。 

“大人”の定義ってそれぞれ考えがあると思いますが
ひとつには「自分のしたことは自分で責任をとる。その覚悟を持つ」っていうのも
あるんじゃないかなとか思っています。

冬葉の母も毛利先生も、誰かに責任を押し付けているんですよね。
そうでないと生きていけない精神状態だったんでしょうけど。

もちろん、当時“大人”だと思っていた先生たちと同じ歳になった圭子たちも
決してホメられたようなもんではなく、同じような間違いを起こしたり
現実から目を反らして生きていたり。
貴子なんかここにきてまで、まるで分かっていませんでしたね。

「あなたさえそんなことをしなければ、夫は殺人犯にならずにすんだんです。
華にこんな思いをさせずに」

共通する言葉がありますね、『あなたさえ』。

『あなたさえ、そうしなければ、こんなことにならなかった』

・・・・そうじゃないですよね。

誰かのせいにする前に、自らに問うて見よ、ですよ。
自分に責任がなかったか、一度立ち止まって考えてみよ、です。
自ずと答えは出てくるんじゃないかなと思いました。

ただ歳を重ねただけの、時間が止まってしまった人たちによって投げられた波紋は
心に妬み、そねみ、恨みを持つ普通の人たちによって拡がり、
大きなうねりとなって圭子たちを巻き込んでいった・・・んではなく、
自ら巻き込まれていったってことなんでしょうね、結局のところ


毛利先生と冬葉母が互いを責めあうのを止めに入った圭子。

「冬葉は返ってこないんです、だからもうやめて。
冬葉を捜しましょう、冬葉に会いに行きましょう、
冬葉が一番会いたいのはお母さんでしょう、冬葉は見つけてほしいと思ってる、
探して欲しいと思ってる」

そう言いながら冬葉母を抱きしめたときは、ウルっときました・・・(;ω;)

離婚のとき「どうして私だけがこんな目に」なんて言ってた圭子ですが
成長しましたよね

美弥も、7話で榎=過去のダメな自分と決別し(でも家のことは語られず笑)
貴子もようやく夫のもとへ行き「待っています」と(当然!)
我らがハギコーさんは失恋して・・・強くなった?(。・w・。 ) プッ

刑事の仕事は向いてないって言ってたけど
でも人の痛みをちゃんと分かって良さを気づいてあげられるっていうのも
それも才能というか、ハギコーの良いところだと思うし
向いてないこともないんじゃないかって・・・思えました(笑)

「警視総監賞」と紙に書いてるときの
嬉しそうな顔もとてもステキでしたし


書きながら思い出したのかなあ、って、なんで警察官になろうと思ったのかとか。
表情キラキラしてましたもんね♪

悩みながらもみな一歩一歩、進んでいければいいですね。
責任の取れる大人にね(笑)

なんて偉そうなこと書いてますが、いい年した私もぜんぜん!
できてないダメな人間ですけどね(¦ꃩ[▓▓]

ということで!私にとっては満足な最終話でした。

たいへん、面白かったですっっ!!!


さあ、それではここからっ!

ひたすら桐谷健太さんの出演場面を(笑)
追っていきたいと思いますっ!!IMG_1918.gif



三人でいつものお店〜♪

圭子、サバ、ハギコー、いつもの店のカウンターで仲良く飲んでおります♡

そういや男性二人、海の中に入ってかなり濡れたと思うんですが
(細かいことはなしって感じですか)

毛利先生の言った通りだとしたら、
冬葉のお母さんになんて伝えたらいいんだろう、という圭子。

ここでハギコーの顔アップ、下向き加減でなにやら思いつめた表情
きゃっべっぴんさんや(〃ノωノ)と思って見てたら、

むおおおっっ?
おもむろに自らの右腕に手を置いてぎゅっとした?


なんや、寒いんか?


空調止めて止めて!って違う違う違う!!!ハギコ、どないしたん!!!!Σ(゚Д゚;)ノ

そんな、誰かに抱きしめて欲しそな顔しながら
自分で自分を抱きしめるよなこと画面越しでされても
なんもでけへんしーーーーーっっ!!!!


っていや、なにもせんでいいねんけど(てか出てくんな)
んな顔して何をのたまうかと思えば
「冬葉のことが終わったら刑事やめようかな。たぶん向いてないと思う、この仕事」

あらら、二度目のやめよかな発言(なに、本気なの?笑)
しかしサンクマ「仕事かあ・・・」←自分の話に持っていって、はぎこの愚痴スルー!

オイオイオイ、そこは理由聞いてあげようよ圭子!

「何いってんの、ハギコー頑張ってるじゃん」とかなんとか(ぺらい)
ハギコーの良いとこ圭子なりに見つけて出して励ましてあげてよ〜

まあね、あの迫力ある毛利先生のあとだもんな・・・・
いろんなもん吸い取られてみんなぐったりな感じかもですが(笑)

が、ここでさすが親友鯖島くんの登場!
珍しくの笑顔で「じゃあ、二人でパン屋でもやるか」

やっやっさしい〜!(*ノД`。)さっすがサバちゃん!

がしかし。ハギコーったら「えぇ?」と素で驚いてリアクション取れず←オイ
そこは「ありがとな(フッ)」とか「おお、やるか!?」とかノリよく返そうよ〜!

やはり毛利の迫力に!(←しつこい)

更にまだまだ自分の話をしたいらしい圭子 ↓
「私も雇ってもらおかな、パン屋の看板娘」

一瞬シン・・となって凍りつく空気(笑)
「・・・・サンクマ、それ図々しくね?娘とか」

ってこらこらこらこら、そこの男子二人!!

圭子渾身のボケ、真面目に返すんじゃないっ!!

そこは笑ってあげんとあかんやろ!

「なにゆうとんねんどの口が言うてんねん!」つって
2人でバシッとツッコんであげないと圭子恥ずかしいやない!!

ってあれ?まさかの本気ですか?(笑)

「何よ」とサバの顔を見ますが、笑ってももらえず(一番ひどい反応)
容赦ない二人でした♪(。・∀・。) 乙!


弟・研二の話

美弥の部屋にて全員集合。研二の後ろで腕を組んだ男前ハギコーがいます。

『Wの悲劇』コンビ。\(^▽^)/

「わたしたちが一体どんな思いをして!」と怒る美弥を制して
ゆっくりとテーブルに手を置いて研二の方を見やるハギコー

刑事スイッチ、入った!?

東萩「今日のメールも君なのか?」
研二「え・・・?」
東萩「サンクマに送ったメールだよ、はやく私をさがしてっていう。
本当に君がやったのか?じゃどうやってアドレスを知ったんだ?
どうやってみんなの行動を監視してた」

矢継ぎ早に、まるで取り調べのように質問を浴びせていくハギコーに、
追い詰められた表情を見せる研二!

刑事ハギコー、復活ーーっっ!!!!\(^▽^)/

って別に辞めてはいないんだけど(謹慎中でした笑)
この時のハギコー、カッコ良かったなあ


そして次々とみんなから詰め寄られ「姉貴が憎かったからだよ」とぶちまける研二ですが
美弥の「それとこれとなんの関係があるの」とビシッと言ったとこ、好きです。

冬葉母から美弥がひどいことを言われているとき
誰かがそうはっきりと言える人がいたら良かったのにな。
(ハギコー、あなたです)

「あんたたちもそうだよ」と、これは八つ当たりのように
冬葉がいなくなった日のことを忘れ、のうのうと暮らして、と圭子たちを責めますが
そこへ華ちゃん「お兄ちゃんは優しかったよ」と(・´_`・)

全くね、子どもに言われてなにやってんだろうね、この大人たちは!


京都府警から冬葉の遺体捜索の件で連絡を受け取ったハギコー。

『自分の口から伝えなければならないのだろうか。
だが真実を突き止めることが刑事の仕事だとしたら、俺はやはり・・・・』

ということでバッジをつけて話をするハギコーさん、
しっかし、なんでこんなヤバい展開になりそうな話をお店でするんですかね?
貸切にしたのかな?いきなり?周りにだーれもいないけど、店員さんでさえも(笑)

あと、冬葉母がハギコーにメールを送らなかったのは刑事だから?
あ、アドレスの仕入先がなかったってことかな?

「みんなに見せようと思って持ってきたの」と嬉々とした表情で
ファイルフォルダからバサバサーっと出してきたのは圭子たちが載った記事の数々。
これ怖かったな〜、ストーカーやなと思いながら見てたら!

その中に!25歳のハギコーが!
『ガンバレ新人お巡りさん!』だって!!!


きゃっわいいいいいい!!!!!!IMG_1948.gif

『もともとパン屋で働いていた』『一念発起して警察官に』『正義感にあふれ』♪
地元出身の好青年だって....(〃ノ∀`)φ.....ヵゝゎぇぇ

こーいうお巡りさんの格好て初めてですよね?
大塚の制服姿とかあるけど帽子は被ってなかったし♪

ハギコーさん、やっぱり思い出さないとね。
なんで警察官になろうと思ったんだとかいろいろとね!

ということで、この写真
視聴者プレゼントしてください


※そんなコーナーはありません


どしゃぶりの雨のなか(随分と明るかったですね、傘に一瞬光が(笑))

遺体発見の声のところへ向かうハギコー、
『小野寺』と書かれたネームプレートを泥の中から拾い上げたときは
切なかったなあ・・・。゚+(。ノдヽ。)゚+。

良かったね、冬葉・・・20年という長き時を経てようやく。
と、しんみりしつつも!

カッパ姿の刑事さんがかわゆかった・・・

極めつけは雨に打たれながら
皆を見上げるときのウルウルした瞳っっっっ!!!!!IMG_1973.gif


やられました・・・・最終話一番の見所←

ハギコォォォ泣かんとってーー。+゚(ノД`)゚+。と思いながらも
ワンコや可愛いワンコがおるーっ♡と心の中が非常に忙しい(笑)


数ヵ月後の新曲打ち上げ?パーティ

夜も更けて華ちゃんは寝てしまってお店のスタッフもいなくなったらしい
サバに絡む圭子、後ろではべろんべろんのハギコー(*´艸`*)

「このなかで御堂原貴子さんのこと好きな人、手ぇ挙げて!はあーいッ!」て
脇毛隠すギャグするんじゃないっっ!

「あれ!?w 俺だけ?w 今からオクラホマミキサー!!」ってブンッw

いやいや、手ぇ挙がってないし
呂律回ってないし、足取りヤバイし
ハギコーってこんな人だっけ?(笑)


貴子に両手差し出して「フォークダンス・・・フォークダンス♪だいじょーぶだだだだいじょーぶいくいくいく来て来て来て」って子供みたいに甘えた声出して誘ってますが、

段差を下りるときの貴子の嫌そうな顔をみよ!!(爆)

笑わせていただきました

がしかし!酔っ払いハギコー構いもせず「たららったたららんららったた♪」と
顔を傾けて歌ってるときの可愛らしいことっっ!!!!!1_20130506210425.gif

そして「ぐるっと回っておじぎ~♪」ってもう!もう!もう!

可愛さここに極まれり。

圭子のナレーションが全く耳に入らんシーンでございました(笑)
あー楽しかった!(〃ω〃)

あと健ちゃんが走るとこはやっぱり好きだなーと思った!
スーツ姿で全速力ね、走るフォームがきれいだと思うんだな。


ということで♪

最後の最後は弾けたハギコーの可愛さにやられた
『激流〜私を憶えていますか?』最終話☆感想でした!


ここまでお読みいただきありがとうございましたIMG_1939.gif




関連記事
スポンサーサイト

Comment

終わっちゃった(/_;)
編集
ひでじろさん、ご無沙汰しました~ww


色々ど突っ込みどころ満載でしたが、愛おしいハギコにもう逢えないと思うと•••(涙)
いや、だけどあのストーリーで8話完結は無理があるでしょww私なんか、未だに頭の中グチャグチャですわ(笑)
でもひでじろさんの記事を読んで、ちょっと落ち着きました(^^;)そうですよね。なんかスッキリしないと思ったら、みんな自分の事棚に上げて、他人を責めてばっかり。私もあまり人の事は言えませんが、あれ?あれ?の連続で、ちょっと疲れてまいましたw
そんな時は癒やしのハギコたんシーンを鬼リピで(≧∇≦*)←って、これで落ち着く私(笑)
うーん、しかし美弥との関係が今いち腑に落ちないけど、まぁ、いっかwww

まだまだ暑さ真っ只中ですので、ひでじろさんもどうか
お身体ご自愛くださいね~(^_-)
2013年08月18日(Sun) 09:33
Re: 終わっちゃった(/_;)
編集
きんぎょさん♪コメントいただきありがとうございますv-22

スマホでは長文書けないんですね・・・エラーになるってなんでだろ~i-201
きんぎょさんの長文コメ大好きなのに!!!(笑)
せっかく書いてくださったのにお手数をおかけしてしまってごめんなさいv-436

> 色々ど突っ込みどころ満載でしたが、愛おしいハギコにもう逢えないと思うと•••(涙)
> いや、だけどあのストーリーで8話完結は無理があるでしょww私なんか、未だに頭の中グチャグチャですわ(笑)

ツッコミどころ満載でしたね~!でも私、あれはわざとだと思うことにしました!(笑)

セリフが古臭く安っぽいのも演出が昔っぽいのも(高台で夕陽の中並んで空を見上げるとことか爆笑でしたよw)狙ってるのかなと!!
自分のこと棚上げ発言もたくさんありましたけど、それについて諌める人や一喝する人がいないのも(民放ドラマで流行ってますし笑)人間のそういう負の感情や陥りがちな間違いをひたすら描きたかったのかもしれん!と。見ている人に共感や同意を得るつもりもないのかもと思ったり。

私もきんぎょさんと同じように内容が濃すぎて見るたびに疲れてました(笑)
無理があると思いつつ、8話完結で良かったと思いますよw もうお腹いっぱいw 

それでもハギコーが可愛いくて優しくて癒しの男前なもんだから♪
圭子も美弥も魅力的だったし、面白く楽しませてもらいました☆

> そんな時は癒やしのハギコたんシーンを鬼リピで(≧∇≦*)←って、これで落ち着く私(笑)
> うーん、しかし美弥との関係が今いち腑に落ちないけど、まぁ、いっかwww

私も私も♪美弥のわき腹シーンは鬼リピしました~(≧∇≦*)ほんっと可愛いシーンでしたよね♪
最後は腑に落ちなかったですけど、でも美弥はハギコーの手に負えないかも(´;ω;`)
ハギコーならすぐに、可愛くて家でごはん作って待っててくれる優しい奥さんみつかりますよね!!!
幸せになってほしいな~て思いますっ♪

> まだまだ暑さ真っ只中ですので、ひでじろさんもどうか
> お身体ご自愛くださいね~(^_-)

ありがとうございます!
暑さに負けないよう、しっかりご飯食べてしっかり睡眠とって日々ぐんばりたいと思います!
きんぎょさんも体調崩されませんように
次の健ちゃんのお仕事発表、楽しみに待ちましょうね~ヾ(*≧∀≦)ノ゙何かな何かな♪
2013年08月18日(Sun) 16:35
ガンバレー
編集
ひでじろさん、こんにちは。

新人お巡りさん、めっちゃ可愛かったですね!i-178
NHKのスタッフブログにこういうメーキング話アップされたらいいなあ。
路地で犯人を追うハギコーのランニング姿を見て、ガンバレーって応援してあげたいですけど、姿が見えなくなった時、ちょっと心配になりました。i-238
実は私、ストロベリーナイトのトラウマがあるんです。i-240
そんなに可愛かった大塚さんがあんなふうに…i-241
あとで佐分利さんと二人で捜査している画面を見てほっとしました。

圭子渾身のボケって、笑っちゃいました。ヾ(≧▽≦)ノ
そのシーン、放送された時もうふき出しちゃいましたが、
ひでじろさんのツッコミにまたやられました。
サバとハギコー二人とも優しいから、ツッコミ担当できないと思いますww

研二が美弥のせいにするのは、例の麻薬疑惑のことで家がめちゃくちゃになったからでしょうか。
私は一番心配するのは華ちゃんの人生じゃないかと思いました…
マスコミが河野家のこと全然スルーしたのはちょっと不思議ですね。
ラッキーって感じ?i-229

次のお仕事発表、楽しみにしていま~す♡
2013年08月20日(Tue) 16:35
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013年08月20日(Tue) 17:14
編集
ひでじろさん こんにちは。

毎日暑くて、穏やかに過ごせない今日この頃です。(笑)

「激流」終わってしまいましたね。 とっても期待していたのですが、少々突っ込みどころも満載でしたね。汗
しかし、そんな中ひたすら優しくて友達思いでかっこいいハギコー!!
堪能させてもらいました。美弥とのサービスシーンもあったし~。今回も健ちゃんにぴったりな役でしたよね。

ドラマの内容は原作読んで送りたいメッセージみたいなものは想像はできいましたが、それがドラマを見ただけの人には上手く伝わったのだろうか?と
。ともかく20年ぶりに目の前に現れた大人達は5人へのメッセンジャーで
冬葉の死を無駄にしないためにも、自分たちはもう一度人生を見つめなおして新たに旅立とう!というお話ですね。

いや~NHKらしいしっかりとしたドラマで個人的には好きでした。共演者さんも若い時から活躍している実力のある方ばかりだったし。そんな中で堂々と演じている健ちゃんさすが~。

大人達を演じた賀来さんや田中さん武田さん、ちょっとやりすぎ演技かな?
とも思ったのですが、こうやって総括するとみっともない大人達を強調して表現する為にはあれぐらいやってよかったのかなと。


ちょっと解釈に困ったシーンがありました。まだファン歴が浅くアクションシーンの多い作品とかじっくり見たことないのですが、警部補?でしたっけ?ともかく警察の上の人に殴りかかるシーン・・・あれは型にはめた綺麗なアクションをすると無様な感じが出ないのであえて、不器用にがむしゃらさを表現したかったのかなと想像してみたりしました。

健ちゃんてまだまだ悩める若者役をやれる若々しさというか無垢さを演じられる透明感がある俳優さんですね。応援せずにはいられない人を引き付ける魅力がありますね。利害関係とか抜きで人に接している天真爛漫さとか憧れます。ちょっとマイケル・ジャクソンに似たものを感じてしまいます。わら
←若者用語使ってみました。

これから確実にステップアップして世界にも行って欲しいですね!! 



2013年08月21日(Wed) 12:23
終わっちゃいました
編集
ひでじろさんこんにちは、終わっちゃいましたね。
原作とは、だんだん別物で、最後は、みんなきれいサバもハギコーも圭子も美弥も貴子もNHkさんらしくまとまった感じですね。
原作では、圭子だけは似たエピソードでしたけど。原作では、恵子は夫以外に付き合っている彼がいて、ダブル不倫なんですよ。でも、サバと出会ってその関係が終わるみたいな、ハギコーも「死んだ冬香の分も生きていかなくちゃ」という感じで前に向いて出世は望めないけど、一刑事として生きていく感じですし、美弥は音楽の世界でというかんじでいう感じで、音楽と元の音楽仲間にもどっていくという感じです。
一番過酷なのが貴子です。
でも、そのドラマでは、きちんと収まるところに収まった感じです。

賀来千賀子さんの動の迫力と、田中美佐子の静の迫力、すごかったですね。

テレビは、原作と違う意味でまとまった、激流に飲み込まれた五人が、ちゃんと浅瀬に立ってまた考えて歩き出すみたいな感じでしょうか。

なんかのブログで、たぶん原作の紹介に「日本版セントエレモスファイアー」って書いてあったので、最近、この「セントエレモスファイアー」のDVDも観ました。

原作では、美弥の弟はでてきませんが、弟役で高橋一生なので、なんかあるとは思っていましたが、

今回の桐谷健太君は全体的にピュアーでかっこよくて、オトコマエでした。
最終回の、オクラホマミキサーのシーンくらいですかね。でもかわいかった
最後まで、美弥に好意はもっている感じで、暴走しそうな美弥を抑えたり、守ったりしていましたね。原作ではハギコーは美弥に好意をもっているが、美弥も一瞬好意をもって迷うが友達としてみたいな感じですが、そのシーンが入れて欲しかったかな、朝まで飲むシーンで。

新人おまわりさん、可愛かったですね。
あれは、お母さんが仕向けたことにドラマではなっていたので、あれはオリジナルですが、ある「新人おまわりさんの写真は」はgoodjobです。

今度の「やまびこ同窓会」まで健太こくは見れませんが、大阪の情報番組では、ロックな桐谷健太くんの映像が観れたそうで、暑い宮津で撮影しているようです。

ひでじろさんの観察力、分析力、文章力には、感動しました。楽しかったです。

また、よろしくお願いします。




2013年08月21日(Wed) 15:51
お久しぶりです
編集
ご無沙汰しております。お元気ですか(´∀`*)???

終わっちゃいましたね…。毎週火曜日、主婦の憩いのハギコーが。゚(゚´Д`゚)゚。
全8話とは思えない濃―――いドラマでした(笑)
健ちゃんの不器用な刑事役が新鮮で良かったです、スレてない感じがキュン♡とさせてくれた2ヶ月でした♡
色々疑問や驚きは残るドラマでしたが、健ちゃんたっぷり堪能させていただきました。
やっぱり激流ベスト健ちゃんは美弥とのこちょこちょシーンでしょうかヽ(゚∀゚)ノ LOVE☆LOVE★
な、な、な、何―――!!!!!な急接近でしたが、あの健ちゃんの照れくさそうなお顔に騙されてしまいました(笑)


そしてそして秋ドラあるみたいですねぇぇ♡きゃふん♡
ないのかな、秋に関東で健ちゃんは観れないのかな、と思っていた矢先のマネさん発表ヽ(*´∀`)ノ
しかもやまびこ、関東でも放送できないかも検討して下さっているとは!!!!!マネさんに会って拝みたい!!!!!
お気持ちだけで十分です、でも放送して下さい(笑)とお伝えしたい気持ちでいっぱいになりました♡あ―実現したらかなり嬉しい(*≧∀≦*)ありがたい♡
学祭も…今年も生健ちゃんに会えると思うとよくわからない意欲が湧いてきます!!!!!(笑)

情報解禁待ち遠しいですね(*´∀`*)
まだまだ暑い日が続きますので、お身体大切になさって下さいね✩


2013年08月24日(Sat) 15:18
Re: ガンバレー
編集
セツさん♪コメントいただきましてありがとうございますv-22

> 新人お巡りさん、めっちゃ可愛かったですね!i-178
> NHKのスタッフブログにこういうメーキング話アップされたらいいなあ。

うん、初々しくて可愛かったーi-80
ドラマは終わっちゃいましたが、新人お巡りさんを思い出すたびにニヤニヤしてしまいます☆
そういえばスタッフブログ、ほとんど更新されませんでしたね・・・もうちょっと充実して欲しかったわ・・・(>_<)

> 路地で犯人を追うハギコーのランニング姿を見て、ガンバレーって応援してあげたいですけど、姿が見えなくなった時、ちょっと心配になりました。i-238
> 実は私、ストロベリーナイトのトラウマがあるんです。i-240
> そんなに可愛かった大塚さんがあんなふうに…i-241
> あとで佐分利さんと二人で捜査している画面を見てほっとしました。

え、そういう風に見えました!? 姿が見えなくなった瞬間「ドン!」とか銃声が聞こえて、みたいな?e-350
嫌ーっっーそれ!ハギコ撃たれたー刺されたーなんて、また別の話になっちゃいますよー!(T_T)

そうか、そういう不安もありましたね・・・ぜんぜん気づかず、私は健ちゃんの走り姿スキー!(特にスーツで)とかきゃあきゃあ言いながら見てました(笑)

ストロベリーナイトは衝撃でしたもんね。私も原作を読んでいなかったので、途中からどんどんと死亡フラグが立つのを見て、うそ、うそ、うそ、と思いながら、あのドアが閉まって光るまでの数秒は本当に怖かったです。
あーいうのは辛いですよね・・・e-351

> 圭子渾身のボケって、笑っちゃいました。ヾ(≧▽≦)ノ
> そのシーン、放送された時もうふき出しちゃいましたが、
> ひでじろさんのツッコミにまたやられました。
> サバとハギコー二人とも優しいから、ツッコミ担当できないと思いますww

突っ込むのが優しさですよ(笑)一番ひどい反応でしたよ、あの2人!
まあ・・・毛利の告白に疲れて突っ込む気力も奪われてた感じですかね(笑)

> 研二が美弥のせいにするのは、例の麻薬疑惑のことで家がめちゃくちゃになったからでしょうか。

そうですね、麻薬のこともあるだろうなあ・・・でも弟なら「やっていない」ことは知ってますよね?いや美弥は弁明をしていない可能性もあるか。「やっていない」と信じてくれないなら、言ったってしょうがない、そんな考え方してそうですね。

本当はやっていなくても逮捕されている映像を見ただけで「やった」と思うのが世間。
実家は田舎なので周りの目もあり、家族はさぞ暮らし辛かったでしょうね。
加えて美弥からのなんの連絡もない、たまに行くと自由にふらふらしているように見える・・・
そんなことを考えると、研二の心になにかが芽生える、というのも分かる気がします。

> 私は一番心配するのは華ちゃんの人生じゃないかと思いました…
> マスコミが河野家のこと全然スルーしたのはちょっと不思議ですね。
> ラッキーって感じ?i-229

ですよね〜。ただ一見不幸なことが起こったように見えても、実はそれは幸せになるための一歩であることもありますよね。前にも言ったかな、これ(笑)
災難などが身に降り掛かっても、そこで誰かを恨んだり人のせいにすればそこでループ、ぐるぐると立ち止まったまま抜け出せない。そうじゃなくて、よっしゃ頑張ろうと、糧にして前に進もうとか、そういう思いで日々生きていけば強くなれたり人に優しくなれたり、「転じて福となす」こともあると思うんですよね。結局は気持ちしだい、小さなしあわせに気付けるかどうかで人生変わると思います。
まだ小さい華ちゃんのこれからを思うと大変だろうけど・・・、でも貴子もふんばりどき!
強く生きていってほしいです!

> 次のお仕事発表、楽しみにしていま~す♡

ドラマに学園祭に♪秋が楽しみですね♪
2013年08月28日(Wed) 11:02
Re: タイトルなし
編集
チェチリアさん♪コメントいただきましてありがとうございますv-22

> 毎日暑くて、穏やかに過ごせない今日この頃です。(笑)

ですね〜、暑いだけではなく湿度も高いので汗が・・・(>_<)
でもここ2日ぐらいはかなり涼しくなり、過ごしやすくなりました♪

> 「激流」終わってしまいましたね。 とっても期待していたのですが、少々突っ込みどころも満載でしたね。汗
> しかし、そんな中ひたすら優しくて友達思いでかっこいいハギコー!!
> 堪能させてもらいました。美弥とのサービスシーンもあったし~。今回も健ちゃんにぴったりな役でしたよね。

突っ込みどころ満載・・・でしたねw
でも前半はかなりワクワクして見てましたし、終わったあと思い返してみても楽しませてもらったなーと思います♪
人物描写も丁寧でしたし群像劇としても面白かったし♪

ハギコーと美弥とのシーンはほんとに可愛かったですよね〜、コチョコチョね☆
思えばあの頃が一番楽しかった・・・(萩の気持ち笑)

> ドラマの内容は原作読んで送りたいメッセージみたいなものは想像はできいましたが、それがドラマを見ただけの人には上手く伝わったのだろうか?と
> 。ともかく20年ぶりに目の前に現れた大人達は5人へのメッセンジャーで
> 冬葉の死を無駄にしないためにも、自分たちはもう一度人生を見つめなおして新たに旅立とう!というお話ですね。

なるほど!メッセンジャー!そういうことなんですねe-451
おぉ〜、なんかスッキリしたかもw
分かりやすく簡潔に書いてくださってありがとうございます!!e-266

> いや~NHKらしいしっかりとしたドラマで個人的には好きでした。共演者さんも若い時から活躍している実力のある方ばかりだったし。そんな中で堂々と演じている健ちゃんさすが~。

そうそう!ちょい古臭く感じるところはありましたが(笑)
この物語にはそれで合ってたんだな、と思いました。
共演者の皆さんもとっても良かった!見応えありました。
山本さんのナレーションの声いいなーとか
ともさかさんがあんな歌がうまいとはーとか、田中さんキレイだなあとかw
好きな役者さんばかりだったので、お話とは別の部分でも注目して見てました♪

> 大人達を演じた賀来さんや田中さん武田さん、ちょっとやりすぎ演技かな?
> とも思ったのですが、こうやって総括するとみっともない大人達を強調して表現する為にはあれぐらいやってよかったのかなと。

唯一、20年前は演じなくてもと思いましたが
(さすがにふわっとしたスカートはキツイと思うんです笑)
ほんと、仰るとおりだと思います!!!
圭子たちが毛利先生たちの年齢(50過ぎ・・・?)になる時には、あんな風にならないように、と示してくれたんだと思って。
反面教師ですよね、もちろん自分も含めて思います(笑)

> ちょっと解釈に困ったシーンがありました。まだファン歴が浅くアクションシーンの多い作品とかじっくり見たことないのですが、警部補?でしたっけ?ともかく警察の上の人に殴りかかるシーン・・・あれは型にはめた綺麗なアクションをすると無様な感じが出ないのであえて、不器用にがむしゃらさを表現したかったのかなと想像してみたりしました。

おっしゃるように、ハギコーの不器用さを出した、と思うんですが、
でもその前に彼は刑事ですよね?
まるでケンカをしたことのない、学校出たばかりのひとに見えました(笑)
胸ぐら掴むだけでハギコーの怒りは表現できたと思うし、今までの行動(美弥との関係、貴子事件のことを裏で聞いたり)からそれだけで充分に謹慎の対象にはなっていたと思うし(佐分利刑事の計らいで、頭冷やしてこい的なw)うーん、て感じだったかなあ。

健ちゃんのアクションシーン・・・思い浮かぶのはクローズですが。
クローズ限定で言うと、正直、時生のアクションは・・・?(←こら笑) 
不良映画は苦手な私ですが、多摩雄と源治のケンカのシーンはすごく好きでした。
ケンカに“型”とかあるのかは分かりませんが、この2人は特に、右の拳を出した時の左の拳の位置や顔の角度、身体の線・・・動きがとにかく美しいなーと思ってみていました。
あ、撮り方かもしれませんけど^^;
健ちゃんは武道やってるそうですし、時生のときはよくわからなかったので
またアクションシーンがあればたっぷり、見てみたいですね☆

> 健ちゃんてまだまだ悩める若者役をやれる若々しさというか無垢さを演じられる透明感がある俳優さんですね。応援せずにはいられない人を引き付ける魅力がありますね。利害関係とか抜きで人に接している天真爛漫さとか憧れます。ちょっとマイケル・ジャクソンに似たものを感じてしまいます。わら
> ←若者用語使ってみました。

ですね〜、健ちゃんの悩む顔、大好き(笑) 悩んだりせつない表情させたら天下一品の役者さんだと思ってますw そんな表情しないでーと思いつつ、もっと見たくなるこの複雑なファン心理w
「応援せずにはいられない人を引き付ける魅力」はまさしく!そうですよね♪
マイケル・ジャクソンに似たものとは!!! そうですかー、って私よくMJのこと知らないのですが。わら。←

・・・最近、知り合った中学生の女の子とLINEでアホなやりとりしてるんですが、「笑っ笑っ」て出てきます。これが今の子の流行りか!とオバサンの私は笑っと返しています笑っ

> これから確実にステップアップして世界にも行って欲しいですね!! 

ほんと、今までも一歩一歩着実に、て感じでしたよね。
これからもきっとそう。本間マネさんもついてるし♪
世界中のひとからスタンディングオベーションされる健ちゃん、いつか見たいです♪
2013年08月28日(Wed) 13:16
Re: 終わっちゃいました
編集
りこさん♪コメントいただきありがとうございますv-22

> ひでじろさんこんにちは、終わっちゃいましたね。
> 原作とは、だんだん別物で、最後は、みんなきれいサバもハギコーも圭子も美弥も貴子もNHkさんらしくまとまった感じですね。

こんにちは〜、終わっちゃいましたね〜、発表が早かったので待ち遠しいドラマでしたが、終わってみればアッという間・・・早かったですね(*′エ`*) そして早くもけんたん不足に陥っておりますので、黄金の豚のてっちゃんと平塚と弓坂と半沢直樹でなんとか一週間を過ごしております(笑)
原作とは別物なんですね、今から原作読んでも面白いかなあ・・・迷い中です。
最後はキレイに終わりましたね、どうなるんだろうと思わせて、7・8話で一気に真相までまとめ上げたのはすごいと思います。しかしどの回も濃かったですね〜(笑)

> 原作では、圭子だけは似たエピソードでしたけど。原作では、恵子は夫以外に付き合っている彼がいて、ダブル不倫なんですよ。でも、サバと出会ってその関係が終わるみたいな、ハギコーも「死んだ冬香の分も生きていかなくちゃ」という感じで前に向いて出世は望めないけど、一刑事として生きていく感じですし、美弥は音楽の世界でというかんじでいう感じで、音楽と元の音楽仲間にもどっていくという感じです。
> 一番過酷なのが貴子です。

圭子、ダブル不倫(爆笑) ま、すでに冷め切っていた夫婦だったということなんですね。

「出世は望めないけど、一刑事として生きていく感じ」
あー・・・・なんか分かります( 。・_・)
でも、出世なんかしなくていいですよね、ハギコーさんは一人ひとりと向き合うような、
そんな一刑事でいいじゃないですか♪

> でも、そのドラマでは、きちんと収まるところに収まった感じです。
>
> 賀来千賀子さんの動の迫力と、田中美佐子の静の迫力、すごかったですね。
>
> テレビは、原作と違う意味でまとまった、激流に飲み込まれた五人が、ちゃんと浅瀬に立ってまた考えて歩き出すみたいな感じでしょうか。

おお!浅瀬に立つ!そうですね、ホントそんな感じですよねe-420
毛利先生も冬葉母も、間違った方向にいっちゃいましたけど(まさしく、静と動ですね!)
いいお手本になったというかw そして結果的にその大人たちも、冬葉がみつかったことによって抜け出すことができたんですね。代償は大きかったですが・・・(тωт`)

> なんかのブログで、たぶん原作の紹介に「日本版セントエレモスファイアー」って書いてあったので、最近、この「セントエレモスファイアー」のDVDも観ました。

「セントエレモスファイアー」そうなんですか♪どうでした?通じるところありました?
私も見てみようかなぁσ(o・ω・o)男前は出てきます?←

> 原作では、美弥の弟はでてきませんが、弟役で高橋一生なので、なんかあるとは思っていましたが、

高橋一生さん・・・注目の俳優さんですよね〜♪「Woman」の先生役がすごく良くて見逃せません☆

> 今回の桐谷健太君は全体的にピュアーでかっこよくて、オトコマエでした。
> 最終回の、オクラホマミキサーのシーンくらいですかね。でもかわいかった
> 最後まで、美弥に好意はもっている感じで、暴走しそうな美弥を抑えたり、守ったりしていましたね。原作ではハギコーは美弥に好意をもっているが、美弥も一瞬好意をもって迷うが友達としてみたいな感じですが、そのシーンが入れて欲しかったかな、朝まで飲むシーンで。

朝まで飲むシーン・・・・・・それは見てみたかったですe-350
ハギコはサバや圭子と飲むシーンは多かったですけどね・・・残念。

オクラホマミキサーの弾けっぷりにはびっくりしましたけどねw
ハギコーてこんな人だっけ?と(笑) めーっちゃくちゃ可愛かったですけど(*>ω<)e-266
優しくて友達を守ろうとして彼なりに頑張ったイイ奴ハギコーでしたけど、
終わってみて全体的にどういうやつだったのか・・・自分の中でイマイチ掴めなかったなーと反省(*-ω-)

> 新人おまわりさん、可愛かったですね。
> あれは、お母さんが仕向けたことにドラマではなっていたので、あれはオリジナルですが、ある「新人おまわりさんの写真は」はgoodjobです。

あのワンカットのためにわざわざ駐在さんの制服きて撮ったんですよね〜、笑えます、可愛いですw
NHKぐっじょぶですw ぜひ視聴者プレゼントしてほしいです、マネさん!!!e-267

> 今度の「やまびこ同窓会」まで健太こくは見れませんが、大阪の情報番組では、ロックな桐谷健太くんの映像が観れたそうで、暑い宮津で撮影しているようです。

あ、見ましたよ! 『ハピくるっ!』ですよね♪
ただ、うちのブルーレイさんはちゃんと反応して自動録画されていたんですが
アホな私は「なんだこれ?」と思って、見ずに消してしまって・・・orz
2回目はスニーカーにゲスト出演したときの映像が映ったらしいんですが、これは録画失敗・・・orz
三度目の正直で山の中?で撮影しているのは録れてました。ハチがきても怖がらずニコニコと笑ってる健ちゃん、さすがだと思いましたe-420

激流の感想ではりこさんとやりとりさせていただいて楽しかったです!
原作との違いも教えていただいたりして♪ありがとうございました(*´ェ`pq)
次の連ドラも決まっているそうで、待ち遠しいですね☆
共演誰かな〜、と今から楽しみです♪
2013年08月28日(Wed) 16:44
Re: お久しぶりです
編集
さゆりさん♪コメントいただきましてありがとうございますv-22

> 終わっちゃいましたね…。毎週火曜日、主婦の憩いのハギコーが。゚(゚´Д`゚)゚。

主婦の憩いのハギコーて!!!!(*つ▽`)っ)))ギャハハハハ。+.゚
どこかの記事のキャッチコピーに使えそうですw 相変わらずステキなさゆりさん♪(笑)

> 全8話とは思えない濃―――いドラマでした(笑)
> 健ちゃんの不器用な刑事役が新鮮で良かったです、スレてない感じがキュン♡とさせてくれた2ヶ月でした♡
> 色々疑問や驚きは残るドラマでしたが、健ちゃんたっぷり堪能させていただきました。

毎回、こゆかったですね・・・ラストに近づくにつれて見終わった後の疲れ感はハンパなかったです(笑)

そうそう、不器用な刑事役っていうのが良かった〜♪
ちょっと大塚に似てるかな・・・?でも姫川の下だったら怒られまくってるかも笑
姫川と東萩・・・想像するとなんか楽しいですね☆

出演シーンも多めでしたね。健ちゃんは大変だったろうけど、私も楽しませてもらいました(*′エ`*)

> やっぱり激流ベスト健ちゃんは美弥とのこちょこちょシーンでしょうかヽ(゚∀゚)ノ LOVE☆LOVE★
> な、な、な、何―――!!!!!な急接近でしたが、あの健ちゃんの照れくさそうなお顔に騙されてしまいました(笑)

騙されたんかいっe-320
やはりみんなのベストシーンは『こちょこちょ』でしょうか☆
脇腹弱いとか本気で可愛すぎる!またそのあとの「帰るよ」って言ってるときの照れた笑顔とか・・・もうっ!もうっ!もうっ!て感じでしたもんe-266
あー、もっかい見よかな笑

> そしてそして秋ドラあるみたいですねぇぇ♡きゃふん♡
> ないのかな、秋に関東で健ちゃんは観れないのかな、と思っていた矢先のマネさん発表ヽ(*´∀`)ノ

ねー、嬉しいですねっ♪毎週、健ちゃんに逢えるっ☆

> しかもやまびこ、関東でも放送できないかも検討して下さっているとは!!!!!マネさんに会って拝みたい!!!!!
> お気持ちだけで十分です、でも放送して下さい(笑)とお伝えしたい気持ちでいっぱいになりました♡あ―実現したらかなり嬉しい(*≧∀≦*)ありがたい♡

関テレのオンデマンドなら後から見られるとは思いますが、なかなかね〜( 。・_・)
マネさんがあそこまで言うっていうことは、内容としてもかなり期待できるっていうことだと思うので、
深夜でも全国放送してくれたら嬉しいですね〜☆

> 学祭も…今年も生健ちゃんに会えると思うとよくわからない意欲が湧いてきます!!!!!(笑)

よくわからない意欲(笑)分かりますー!! 私も秋の学園祭、関西であれば行きたいです!
それを日々の活力?にしてぐんばらねば!ですねe-271e-269

> 情報解禁待ち遠しいですね(*´∀`*)
> まだまだ暑い日が続きますので、お身体大切になさって下さいね✩

はい♪ありがとうございますe-420
さゆりさんもお気をつけて♪また健ちゃん話しましょうー。.:*・゚(*ノω〃)ノ・*:.。
2013年08月28日(Wed) 17:34
woman
編集
桐谷健太君のことで、ひでじろさんといろいろとお話しするようになって楽しかったです。今までは、いつもいろいろとくわしく健太君情報が伝えてあるので、見せてもらっている側だったのですが、私も今womanを一生懸命見ています。本当に「セリフの一つ一つが心にしみる」そんな感じです。
高橋一生さんの初めての良いひと役、というか、薄っぺらいけど、こんな優しげな人もできるんだという感じです。私が応援している俳優さんのそっくりさんっていわれている俳優さんが、高橋一生さんとか、福士誠治さんとか、注目して、もちろんキャリアがあるんですがねこの二人の方が、私としては、どっちかというと、顔のパーツが薄い方が好みで、でも、桐谷健太くんは例外というかんじ、娘が最初にファンなって、私も娘と観ていて好きになってって感じですかね。

「激流」の原作はドラマとは別物で楽しめると思います。
ドラマでは、美弥とハギコーのいちゃいちゃ見れたからいいかなぁという感じです。原作では美弥が一瞬揺らいで、元鞘です。

貴子の末路は少し悲惨ですが、きっとNHKでは描きにくかった感じですかね。

日本版セントエレモスファイアーって、昔「愛という名のもとに」ということで唐沢俊明(字これであっていたっけ)主演で、唐沢くんが好青年ぶりを発揮していたころの作品。ひでじろさんは知らないかもしれないがあったんだけど、セントエレモスファイアーというのは、舟が嵐とかなんかで迷った時に船頭が観る光で、幻かもしれないと、対岸の灯かもしれないんだけど、それを目指して航行して、難破から助かるみたいな話で、映画は良い大学は卒業したけど、仕事で恋でいろんなことでうまくいかない青春群像劇で、「愛という名のもとに」はさんな感じて、激流は、大学卒業からの次の人生の山みたいな感じで、「自分はこれでいいのか」と惑うときの話みたいな感じです。映画はイケメンもいっぱいでてきますよ。

十月期のドラマにも健太君でるんですよね。
なんか私の周りの人って健太君の縁があって、友達が夫婦で宮津にたまたまいったら、「やまびこ」の撮影していたらしく、健太君は合えなかったらしいけど旅館のヒトがロケ地まで連れて行ってくれたといっていました。
その旅館でも、ロケの後飲み会みたいなのがあって、桐谷健太くんて「態度でかいと思っていたけど、ちゃんと騒がしくってすみませんとかもいってくれたし、料理もおいしいですっていってくれたし、人に対する気遣いもあるし、良いひとだった」って、お土産もって来てくれて話してくれた。
「食事を変えて優しくなった」って煮物とか食べていっていたって、スタジオパークでも雑穀ごはん食べていたものね。
「骨格がしっかりしているからごつくみられるのが悩みらしく、もっとシュッとみられたい」とかもいってたみたい。

また、ちょくちょくこさせてくださいね。
本当にこちらこそありがとうございました。
2013年09月01日(Sun) 10:06
Re: woman
編集
りこさん♪コメントいただきありがとうございますv-22

>桐谷健太君のことで、ひでじろさんといろいろとお話しするようになって楽しかったです。

いえいえ〜(´ε`*人)私もとっても楽しかったです、こちらこそありがとうございました☆
詳しく教えて下ったのは皆さんで、私はまとめて書いてるだけなんです・・・i-201
でもいまはTwitterしなくなったので一気に情報過疎になりますねぇ^^;

『woman』良いですよねー! 先週の田中裕子さんのセリフ「あなたの人生は終わったと思いなさい」にはやられました・・・いつかは自分のしたことを認めないといけない、とは思いつつも、ここまで言うのかあ・・・と(T_T)償うということはどういうことなのか、その重み、いろいろ考えさせられました。今週最終回ですね、楽しみです♪

高橋さん、初めての良いひと役!? そうなんですか??
高橋さんのことはよく知らないのですが・・・『Wの悲劇』もそんな悪い役でなかったような。
確かに何か内面に抱えているような感じがあって、彼が出てくると何かが起こりそうな?笑
そんな風に思わせる不思議な俳優さんですよね☆
福士誠治さん・・・オーボエの黒木くんですよね!
のだめカンタービレのとき、すごく好きでした(>∀<人)ってこれ以前に書きましたかね?w

> 「激流」の原作はドラマとは別物で楽しめると思います。
> ドラマでは、美弥とハギコーのいちゃいちゃ見れたからいいかなぁという感じです。原作では美弥が一瞬揺らいで、元鞘です。

元鞘とはあの年下のバンドマンくん?ふぅーん・・・・ハギコーの方がいいのに(←)
別物で楽しめるなら読んでみようかな?原作のハギコー描写が気になるし・・・
ありがとうございます!買って読んでみることにしますヽ(・∀・)ノ☆

> 十月期のドラマにも健太君でるんですよね。
> なんか私の周りの人って健太君の縁があって、友達が夫婦で宮津にたまたまいったら、「やまびこ」の撮影していたらしく、健太君は合えなかったらしいけど旅館のヒトがロケ地まで連れて行ってくれたといっていました。

でますねー、木村さんと☆話題のドラマで嬉しい♪番宣にも期待したいです。
またオールスター感謝祭でてくれるかなー♪宮津のロケ遭遇!! うらやましーですー!!
「態度でかいと思っていたけど」て、それはひどーーーい(笑)(笑)
いやいや、誤解がとけて良かったです(笑)
ごついですか・・・・背が高いから、そう見えることもあるかもですが??
そんなイメージを持たれるってことなんでしょうかね?確かに平っちとかはごつそうだし(笑)
雑穀ごはんのお弁当、安堂ロイドの現場でも持って行くのかなぁ〜♪
木村さんに即いじられそうですよね(笑)

> また、ちょくちょくこさせてくださいね。
> 本当にこちらこそありがとうございました。

はい、ぜひ♪ってぜんぜん更新してませんね(。・人・`。)ゴメンナサィ・・。
引っ越しの準備に入っておりまして生活が変わるのですが、でも健太ファンはやめてませんから!! e-269
近々既存情報をあげたいと思っていますー(笑)これからもよろしくお願いします!!(〃ω〃)
2013年09月09日(Mon) 17:51
驚きΣ(゚д゚lll)
編集
驚きまくって、ひでじろさんのところへやって来てしまいましたぁぁ…。

まさかのCDデビュー(°д°)
驚きです(°д°)
ホントに↑みたいな顔になりました、あたし(笑)

きっとしびれるくらいかっこいいんでしょうね♡
でも顔は(°д°)←こんなんです(笑)
2013年09月10日(Tue) 21:22
Re: 驚きΣ(゚д゚lll)
編集
さゆりさん♪更新してないのにコメントいただきありがとうございますv-22
少し身辺バタバタしておりますがi-201
私もびっっっっっっっくりしましたよ!!! まったく予想もなんもしてなかったので
ついったーでお祭りなってますよ〜♪、とLINEで教えてもらって
なんか発表あったんかなー?とHR通信見たらっっっ・・・・・吹きました(笑)
ついにやったー!!!嬉しいーーー!!!!健ちゃんおめでとー!!!!e-405

シンガーデビューは、BECK千葉から本格的に好きになった私にとって、ずっと夢見ていたことでした☆順ちゃんの歌ももっとフルコーラスで聴きたくなってましたもん☆

BECKのみんながMステに出るとか考えるだけでも当時ワクワクしてました。
俳優本人を知らなくても、
ほら、このフロントマン、本物のロッカーみたいでしょ?って、
カッコいいでしょって♪知らないひとに思ってもらいたくて(笑)

それがそれがっっっ!!勇作くんでついに実現!!!本当に嬉しいですe-420
Mステ、出てくれますよねきっと! タモさんのお気に入りだもんw

さゆりさんは(°д°)の顔だったんですねっ(笑)←可愛いっ
わたしは ... ゙;(;゚;ж;゚;;)ブホッ.←これですかね笑

> きっとしびれるくらいかっこいいんでしょうね♡

そりゃもう健ちゃんだもんーーーーe-266e-266e-266
めっっっっっちゃカッコいいでしょう!!学祭で披露してくれるかもしれませんね♪見たいな〜♪

> でも顔は(°д°)←こんなんです(笑)

いやいや、たぶん(*°д°*)ポッ になるんじゃないですか〜(笑)
秋もまたいろいろ楽しみですねっ(・´з`・)♪
2013年09月12日(Thu) 11:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。