桐谷健太さんを応援する、日々妄想ブログ

俳優の桐谷健太さんが好きだー! ということで映画・ドラマの他、テレビ出演時の感想等、日々妄想しながら健ちゃんを好き勝手に語るブログです。
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 『天皇の料理番』第2話感想☆TOP天皇の料理番 ≫ 『天皇の料理番』第2話感想☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『天皇の料理番』第2話感想☆

こんばんは🍀

WOWOW『埋もれる』の再放送が8日にあったのに録画するの忘れててショック(TдT)
てかなんで勝手に録画しててくれないんだぁ!とブルーレイに当たってみました。
6月からドラマ始まるんだし、ついでにDVD化してくれないかねえ・・・(新太郎風)

リアタイ検索したら『Y・O・Uやまびこ音楽同好会』の木村監督が
「社会派ドラマもできる幅広い役者だなぁ」と健ちゃんのこと呟いてくれてた☆嬉☆

さて、『天皇の料理番』第二話

って、まもなく21時より第三話が始まりますが
さっくりと簡単感想いきたいと思います!

第二話も面白かったなあ✨やっぱり篤蔵がいい。すごくいい。

レシピを盗んだくだりとか心底、アホだなと思ったけれど(笑)
周りが見えなくなるぐらい、間違った方向でも「料理を作りたい」という思いの強さとか
真っ直ぐ過ぎて危なっかしい篤蔵を見守って行きたい気持ちにさせられるんだよなあ。

ぶっかぶかのコック服が可愛いくて、今は服と同じく中身も腕も何もかもが合っていないけれど、そのうちビシッと似合うようになるんだろうなあと思うとね
夢を実現させるのは分かってるし(笑)

ただその成功は彼自身の才能や努力だけじゃなく、周りにも恵まれたんだってことが分かるエピ満載だった今話。
にーやんや俊子の思い、桐塚先生のフォロー、新太郎や辰吉といった三様なる仲間たち、
追い出されても仕方なかったことを許した宇佐見料理長の器のデカさ!

今回は、宇佐見さんに惚れました💓

毎話、言うかもしれません(笑)

「鍋もまともに笑えない奴が、まともな料理人になった試しはない」
「その日のことはその日のうちに終わらせないと、明日の段取りが狂う」
「小さな手抜きが大きな失敗になることがある。そういうのは、真心がない」

「料理は真心だ。技術は追いつかないときがある。素材は望み通りにいかないこともある。
けど真心だけは、てめえ次第でいつでも最高のものを出すことができる。
爪を短くすること、鍋を丁寧に洗うこと、皿を磨くこと、包丁をととのえること。
そういうことは確実にできる。それすら出来ん奴が、まともな料理を作れると俺には思えない」

「教えないのは覚えないからだ。親切にもらったものより、
てめえで必死になって盗んだものの方が人は大事にする。だから教えない。」

宝珠の言葉集
これは料理のことだけじゃなくて、どんな仕事にでも当てはまる言葉ですよね。
篤蔵、この師のもとで働けて幸せもんだよー!\(^o^)/

師の心を知り「どやざあ〜!」と号泣する篤蔵でしたが、こうして心の底から自らの行いを悔いたことなんて初めてだったんじゃないかな。今まで父や周りにどれだけ怒られても屁理屈こねたり癇癪起こしたりして聞き入れてこなかったっぽいし。

頭をボコボコ殴りながら、なりふり構わず号泣する様子が子どものようで可愛くて
料理長がフって笑っちゃう気持ち、分かるわ

そのあとは先輩たちの動きを見て先を読み、気を回すことができるようになって、
活き活きと目を輝かせて厨房を動き回る篤蔵の成長した姿を見られてよかった

そして!見習い仲間の新太郎&辰吉たちですが!

新太郎さん、いいねえいいねえ!

強烈な登場の仕方でしたね!
ばーーーーん!と扉からイキナリ飛び出してきたかと思えば、早々にご退場!
「えええぇぇ!?Σ(゚ロ゚;)」て感じでしたが(笑)

辰吉と篤蔵が掃除を終えて帰ってきたところからのシーンが凄い好き!
「新太郎さん、開けますよ!」と言ってガラッと開けた先、篤蔵の目の前にいたのは
おっされな着流し姿でポストカードの女性を見ながらデッサンしている男が・・・!

むはっっっっ!なんですかこの人!?
後ろ姿からして只モンでない空気と色気を纏ったお人が・・・!!!


え、これ映して大丈夫なの?←

篤蔵、暗くカビ臭い&汗臭い部屋に思わず鼻に手をやり「ここに三人ですか・・・?」
が、辰吉「新太郎さん、飯!」←無視(笑)

「お、悪いねえ・・・」気怠げな新太郎さん、
篤蔵を見て「あれ、そっちは新入りかい?」とニコリ。

・・・ってなんすかこの人ー!!!(゚Д゚≡゚Д゚)
飄々として肩の力抜けまくった喋り方、江戸言葉!!
えうおおおおおおーーー!!!!新太郎ええやないかーーーーーっっ!!!!(*♡∀♡*)

好き

そんな新太郎に力入りまくりで挨拶する篤蔵へ
「おいら、松井新太郎ってな、ま、よろしく♡」

うぅん、胡散臭い笑顔にシビれるーーっっ!!(アホ)

篤蔵から怪我は大丈夫なんですか?と心配されるも
「あ?あぁ〜(笑)」って横向いて吹き出す新太郎←ここの表情いいわあ♡

「新太郎さん、さぼりたいもんだから折があったら気絶したフリすんだよ」と暴露され「人聞きの悪いこと言わないでおくれよ・・・気絶しやすい体質なのさぁ♡」と無駄に色気出しまくりの新太郎、バンバンと足袋の汚れをはたき迷惑そうな辰吉、かなり引き気味の篤蔵。

この3人、面白いな(笑)

あと、コラァ!!! 人がモノ食ってる横で埃立たせるんじゃねえ!!!!と思ったけど
カビ臭く湿った埃まみれの部屋で食べるんだから一緒か
新太郎も気にせずガツガツ(食べ方は豪快)

そして新入りの“ふとんになるはずのもの”がないことに気づいた2人
「新太郎さんが質に入れてちまってさ・・・」と柱に向かって項垂れる辰吉が、なんか芝居臭くてウケる笑

「金、なくてねぇ・・・えへへへ」笑う新太郎 ←ダメだ、この男(笑)
「いくらで売り出せるんですか?」
「80銭・・・♡」 ←この言い方、好きー!好きー!好きー!

給料が1円50銭と聞いて驚く篤蔵、「辰吉くん、80銭あるかい?」
睨む辰吉「なんで俺が払うんですか(厳しめ)」
悪びれた様子もなく新太郎「おいら、持ち合わせが」

このあとの、新太郎に言っても無駄なことが分かっている辰吉が
ものっすごい無表情で篤蔵を見やる顔が、最高に面白かったです(笑)

こうして同じ釜の飯(←残飯)を食べ、寝起きをともにする生活が始まりますが・・・
この性格が全く違う三人、宇佐見さんの大事なレシピを盗み出したとき
最初に見つかったのが新太郎さんで良かったですよね。
辰吉なら「やばいよ!早く返せよ!」なんて大騒ぎして見つかるパターンに陥りそう。
真面目だし頭も固そうだしな〜。

「なにしてんの、お前さん」と驚きながらもちょっと面白いものをみたような新太郎らしい反応で、一瞬、あれこの人やばそうかな?って思わせるような表情が良かったな♪

そして連れてこられたのは何故か吉原遊郭。
ソワソワと落ち着かない篤蔵、その隣で煙草をくゆらせる余裕の新太郎。
うん、厨房よりこういう場所の方が似合う人だよなあ(笑)

幼なじみの茅野さん、登場。色っぽいー♡篤蔵、鼻の下伸びてるよ(分かりやすい)
「お茶を挽いてる」→客がついていない暇な遊女ってことなんですね

せっかく盗んだんだしな、と新太郎に言われノートを開くと、そこには几帳面にびっしりと書かれた大量のレシピ、宇佐見の歴史があった。
驚きながらも、どんな味するんやろう、どんな盛りつけ、どんな・・・どんな・・・
食い入るように見つめ、これは、自分が手にするものではないことを悟る篤蔵。

そんな真剣な篤蔵の横で「新ちゃんもあんな顔してるよ、絵、描いてるとき」「そうかい・・・?」と、そっちのけで囁き合う2人が情事中?と思うくらいの色っぽさでした(映ってないから余計に笑)

それからノートを返そうか、どうしょうかと悩む篤蔵にさらっと「捨てたら?」と新太郎。
あのびっしりと書かれたのを見てなにか感じ取った様子もないというのも・・・
ものごとに拘らないとか、らしいっちゃあらしいか。
なんだか掴めないなぁ、ホウキでの掃除の仕方もいい加減だったしなぁ
どうなるんでしょうか。

今後、新太郎が華族会館をやめて画家を目指すとして
篤蔵がノートを見たときのような表情をして、悩んだりするところとか見られたらいいな✨

さぁ、第三話はまた新たな展開がありますね!
俊子、上京しますね!切れそうで切れない縁、どうなるかな👍✨

では、21時に!\(^o^)/


関連記事
スポンサーサイト

Comment

真心
編集
ひでじろさん、こんにちは。
第二話を見て、私も宇佐美さんに惚れてしまいました!
こういう人こそ、三日坊主な篤蔵を変えるんですよね!素晴らしい言葉にしびれました~
合っていない服と自分、そのうちビシッと似合うようになる…なるほど!!さすがひでじろさん!どうやって宇佐美さんと伊藤さんが演じた田辺さんみたいな魅力的なシェフになるのでしょうか~その成長がすごく楽しみなんですね!(*^▽^*)

そして新太郎さん、力抜けまくりですね(笑)
以前あるインタビューで健ちゃんが佐藤健くんの流し目をマネしたことがあります。今回健くんが流し目を封印、傍にいる健ちゃんの流し目いっぱい見れるのはとっても新鮮だなと思います(。-∀-)
色気ありますな~新太郎さん!( ̄ii ̄*)
(襟も要注意←)
2015年05月11日(Mon) 14:49
Re: 真心
編集
セツさん♪コメントいただきありがとうございますv-22

> 第二話を見て、私も宇佐美さんに惚れてしまいました!
> こういう人こそ、三日坊主な篤蔵を変えるんですよね!素晴らしい言葉にしびれました~

ステキでしたよね〜、宇佐見さん!と思ってたら、第三話でその師を裏切っちゃうどこまでもゴールしか見てない篤蔵さん・・・(>_<)でもこういう人だからこそ、史上最年少で偉業を成し遂げるのでしょうね。周りは迷惑でしょうが(笑)第三話は泣きました・・・私が俊子を嫁に欲しいです(笑)

>どうやって宇佐美さんと伊藤さんが演じた田辺さんみたいな魅力的なシェフになるのでしょうか~その成長がすごく楽しみなんですね!(*^▽^*)

ゴールは見えてますしね♪あのめちゃくちゃな篤蔵がどんなふうに!!!
新太郎さんもちょっと心配です・・・

> 以前あるインタビューで健ちゃんが佐藤健くんの流し目をマネしたことがあります。今回健くんが流し目を封印、傍にいる健ちゃんの流し目いっぱい見れるのはとっても新鮮だなと思います(。-∀-)
> 色気ありますな~新太郎さん!( ̄ii ̄*)
> (襟も要注意←)

流し目、見た見た(笑)
篤蔵は髪が短いせいか、表情が豊かで目を見開いたり動いたりするせいか、目がとても大きく見えません?(顔も小さいし!)たけるくんの目ってきれいだなあ・・・と毎話見るたびに思います。
今作の流し目担当は新太郎さんですね♡襟も要注意、了解ですっっ. (`Д´)ゞラジャー!!
2015年05月14日(Thu) 18:28












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。